Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第33話 公任大納言読屏風和歌語 第卅

今昔、一条院の天皇の御時に、上東門院、始めて内に参らせ給ひけるに、御屏風を新く為させ給て、色紙に書かむ料に、歌読共に仰せ給て、「歌読て奉れ」と有けるに、四月に藤の花のおもしろ1)く栄(さき)たる家を絵に書たりける帖を、公任の大納言、当て、読み給けるが、既に其の日に成て、人々の歌は皆持参たりけるに、此の大納言の遅く参り給ければ、使を以て、遅き由を関白殿より度々遣しけるに、行成大納言は此の和歌を書くべき人にて、疾く参て、御屏風を給はりて、書くべき由申し給ければ、弥よ立居待たせ給ける程に、大納言、参り給へれば、「歌読共の墓々しく歌も読み出でぬに、然りとも此の大納言の歌は、よも弊(わろ)き様は非じ」と、皆人も心悪2)がり思たりけるに、御前に参るや遅きと、殿、「何(いか)に歌は遅きぞ」と仰せられければ、大納言、「墓々しくも、更に否(え)仕り得ず。弊くて奉たらむに、奉らぬには劣たる事也。其の中にも歌読共の糸勝れたる歌共も候はざめり。其の歌共召されて、墓々しくも非ぬが、書かれて候はむ。公任が永くの名に候ふべし」と。

極く遁れ申し給けれども、殿、「異人の歌は無くても有なむ。其の御歌無くば、惣て色紙形を書かるまじき也」と、まめやかに責め申し給ひければ、大納言、「極く候ふ態かな。此の度は、凡そ誰も誰も歌否読出ぬ度にこそ候めれ。中にも永任をこそ。然りとも、其の歌は心悪3)く思給へ候つるに、此く「きしのめやなへ」と読て候へば、糸異様に候ふ。然れば、此等だに此く読損(よみそこな)ひ候へば、増て公任は否読み得ず候も理わりなれば、尚免し給ふべき也」と。

様々に遁れ申し給へども、殿、強に切(しき)りに切て責させ給へば、大納言、極く思ひ煩て、大に歎打して、「此れは長き名かな」と打云て、懐より陸奥紙に書たる歌を取出て、殿に奉り給へば、殿、此れを取て、御前に披て置給ふに、御子の左大臣・宇治殿・同二条大臣殿より始めて、若干の上達部・殿上人、「然れども、此の大納言は天下に故無くは読給はじ」と心悪4)く思て、除目の大間、殿上に披たる様に、皆人、押ひらひて見騒ぐに、殿、音を高くして読上給ふを聞けば、

  むらさきのくもとぞみゆるふぢの花いかなるやどのしるしなるらむ

と。

若干の人、皆、此れを聞て、胸を扣て「極じ」と讃め喤(ののしり)けり。大納言も、人々の皆「極じ」と思たる気色を見てなむ、「今ぞ胸は落居る」とぞ、殿に申し給へる。

此の大納言は、万の事皆止事無かりける中にも、和歌読む事を自も常に自歎し給けりとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本、言偏に慈
2) , 3) , 4)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku24-33.txt · 最終更新: 2014/09/15 17:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa