Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第3話 小野宮大饗九条大臣得打衣語 第三

今昔、小野宮の大臣の大饗行ひ給ひけるに、九条大臣は尊者にてなむ参給へりける。

其の御送物に、得給たりける女の装束に副へられたりける紅の打たる細長を、心無かりける前駆の取て出けるに、取□して、遣水に落し入れたりければ、即ち迷(まどひ)て、取上て打振ひければ、水は走て乾きにけり。

而るに、其の湿(ぬれ)たりける方の袖の、露水に濡たりとも見えず。湿れぬ方の袖に見競けるに、只同様になむ打目有ける。此れを見る人、打物をぞ誉め感じける。

昔は打たる物も、此様(かやう)にぞ有ける。今の世には極て有難き事也、となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-3.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa