Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第27話 大江朝綱家尼直詩読語 第廿七

今昔、村上天皇の御代に、大江朝綱と云ふ博士有りけり。止事無かりける学生也。年来、道に付て公に仕けるに、聊に心もと無き事無くして、遂に宰相まで成て、年七十余にして失にける。其の朝綱が家は、二条と京極とになむ有ければ、東の川原遥に見え渡て、月おもしろ1)く見へけり。

而るに、朝綱失て後、数(あまた)の年を経て、八月十五夜の月、極く明かりけるに、文章を好む輩十余人伴ひて、月を翫ばむが為に、「去来(いざ)、故朝綱の二条の家に行かむ」と云て、其の家に行にけり。

其の家を見れば、旧く荒て人気無し。屋共も皆倒傾て、只煙屋(かまや)許残たるに、此の人々、壊たる縁に居並て、月を興じて詩句を詠じけるに、「踏沙披練立清秋 月上長安百尺楼」と云ふ詩は、昔し唐に□□□云ける人、八月十五夜に月を翫て作れる詩也。其れを此の人々詠じけるに、亦、故朝綱の文花の微妙なりし事共を云ひ語ける間、丑寅の方より、尼一人出来て云く、「此れは誰人の来て遊び給ふぞ」と。答て云く、「月を見む為に来れる也。亦、汝は何なる尼ぞ」と。尼の云く、「故宰相殿に仕へ□人は、尼一人なむ于今残て侍る。此の殿に男女の仕へ人其の員侍しかども、皆死畢て、己れ一人今明(けふあす)とも知らで侍る也」と。道を好む人々は、此れを聞ても、哀れに思て、尼を感じて、或は泣く人も有けり。

而る間、尼の云く、「抑も、殿原の『月は長安の百尺の楼に上れり』と詠じ給つる。古へ、故宰相殿は、「月に依て百尺の楼に上る」とこそ詠じ給しか。此れは似侍らず。月は何しに楼には上るべきぞ」と、「人こそ、月を見むが為に楼には上れ」と云を、此の人々聞て、涙を流して尼を感ずる事限り無し。

「抑も尼は何者にて有しぞ」と問へば、尼、「己は故宰相殿の物張にてなむ侍りし。其れが常に聞し事なれば、殿原の詠じ給ふ時に、髴(ほのか)に思へ侍る也」と云へば、人々、終夜(よもすがら)此の尼に談じて、皆尼に纏頭してなむ暁に返ける。

此れを思ふに、朝綱の家風弥よ重く思へ、云ふ甲斐無き女そら此の如し。況や朝綱の文花思ひ遣るべしとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本異体字。言偏に慈。
text/k_konjaku/k_konjaku24-27.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa