Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第26話 村上天皇与菅原文時作詩給語 第廿六

今昔、村上天皇、文章を好せ給ける間、「宮の鶯暁に囀る」と云ふ題を以て、詩を作らせ給けり。

露濃緩語園花底 月落高歌御柳陰

と。天皇、菅原の文時と云ふ博士を召て、此れを講ぜられけるに、文時、亦詩を作けり。

西楼月落花間曲 中殿灯残竹裏声

と。天皇、此れを聞食て、「我こそ、『此の題は作抜たり』と思ふに、文時が作れる詩、亦微妙し」と仰せられて、文時を近く召て、御前にて、「我が作れる詩を、偏頗無く、難無して、憚らず申すべし」と仰せられける。文時申て云く、「御製微妙に候ふ。下の七字は文時が詩にも増(まさり)て候ふ」と。

天皇、此れを聞食して「世も然らじ。此れは饗応の言也。尚、慥に申すべし」と仰せられて、蔵人頭□□を召て仰せ給ふ様、「文時若し此の詩の勝劣を慥に申さずば、今より以後、文時が申さむ事、我に奏すべからず」と仰せられけるを、文時聞きて、極て半(はした)無く思へければ申さく、「実には御製と文時が詩と対に御座」と。天皇、「実に然らば、誓言(ちかごと)を立つべし」と仰せられけるに、文時、誓言の否(え)立てで申さく、「実には文時が詩は、今一膝居上候ふ」と申て逃去にけり。天皇、此れを讃め、感ぜさせ給ふ事限り無し。

古の天皇は文章を好て此なむ御けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-26.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa