Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第25話 三善清行宰相与紀長谷雄口論語 第廿五

今昔、延喜の御時に、参議三善清行と云ふ人有り。其の時に、紀長谷雄の中納言、秀才にて有けるに、清行の宰相と聊に口論有けり。清行の宰相、長谷雄を云く、「無才の博士は、古より今に至まで世に無し。但し、和主の時に始まる也」と。長谷雄、此れを聞くと云へども、更に答ふる事無かりけり。

此れを聞く人思はく、「然許止事無き学生なる長谷雄を、然か云けむは、清行の宰相、事の外の者にこそ有けれ」とぞ、讃め感じける。況や、長谷雄答ふる事無かりければ、理と思けるにや。

其の時に、亦、□□の孝言と云ふ大外記有けり。止事無かりける学生也。彼の口論を聞て云けるは、「竜の咋合(くひあひ)は、咋臥せられたりと云へども弊(わろ)からず。他の獣は寄付かぬ事也」とぞ、云ける。此れは、「長谷雄・清行の宰相にこそ此く云はれめ。他の学生は思ひ懸らむや」と云ふ心なるべし。此れを聞く人、「現に然る事也」となむ云ける。然れば、長谷雄、実に止事無き博士なれども、尚、清行宰相には劣たるにこそ。

其の後、長谷雄、中納言まで成上て有けるに、大納言の闕有るに依て、「此望む」とて、長谷に詣て、観音に祈り申しける夜の夢に示して宣はく、「汝ぢ、文章の人たるに依て、他国へ遣はすべき也」と見て、夢覚ぬ。「何なる示現にか有らむ」と怪み思て、京に返けり。

其の後、長谷雄の中納言、幾程も経ずして死にけり。然れば、「示現の如く、他国に生れにけり」とぞ、人疑ひける。世に紀中納言と云ふ、此れ也。

彼の清行の宰相は、延喜の代の人なれば前に失にけり。三善宰相と云ふ、此れ也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-25.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa