Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第15話 賀茂忠行道伝子保憲語 第十五

今昔、賀茂忠行と云ふ陰陽師有けり。道に付て古にも恥ぢず、当時も肩を並ぶ者無し。然れば、公私に此れを止事無き者に用ゐられける。

而るに、人有て、此の忠行に祓を為させければ、忠行、「祓の所に行かむ」とて出立けるに、其の忠行が子保憲、其の時に十歳許の童にて有けるに、父忠行が出ける強に恋ければ、其の児(ちご)を車に乗せて具して将行にける。

祓殿に行て、忠行は祓を為るに、児は其の傍に居たり。祓畢(はて)ぬれば、祓を為(せさ)する人も返ぬ。忠行も此の児を具して返るに、車にて児の祖(おや)に云ふ様、「父古曽」と呼べば、忠行、「何ぞ」と云へば、児の云く、「祓の所にて我が見つる、気色怖気(おそろしげ)なる体したる者共の人にも非ぬが□□に、亦人の形の様にして二三十人許出来て並居て、居へたる物共を取食て、其の造置たる船車馬などに乗てこそ、散々に返つれ。其れは何ぞ。父よ」と問へば、忠行、此れを聞て思ふ様、「我れこそ此の道に取て世に勝たる者なれ。然れども、幼童の時には此く鬼神を見る事は無かりき。物習てこそ、漸く目には見しか。其れに此れは、此く幼き目に此の鬼神を見るは極て止事無き者に成るべき者にこそ有ぬれ。世も神の御代の者にも劣らじ」と思て、返けるままに、我が道に知と知たりける事の限をば、露残す事無く、心を至して教へけり。

然れば、祖の思けるに違はず、保憲は止事無き者にて、公私に仕へて、聊も弊(つたな)き事無くてぞ有ける。然れば、其の子孫、于今栄へて、陰陽の道に並無し。亦、暦を作る事も、此の流を離ては敢て知る人無し。然れば、今に止事無しとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-15.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:52 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa