Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第14話 天文博士弓削是男占夢語 第十四

今昔、□□と云ふ者有けり。穀蔵院の使として、其の封戸を徴(はた)らむが故に、東国の方に行て、日来を経て返上る間、近江国の勢多の駅に宿ぬ。其の時に、其の国の司□□と云ふ人、館に有て、陰陽師天文博士弓削是男と云ふ者を請じ下して、大属星を祭らしむと為る間、是雄、彼の□□と同宿しぬ。是雄、□□に問て云く、「汝、何れの所より来るぞ」と。□□答て云く、「我れ穀蔵院の封戸を徴らむが為に、東国に下りて今返上れる也」と。此(かく)の如く互に談ずる間、夜に臨て、皆寝入ぬ。

而るに、忽に悪相を見て覚て後、□□、是雄に云く、「我れ、今夜悪相を見つ。而るに幸に君と同宿せり。此の夢の吉凶を占ひ給ふべし」と。是雄、占て云く、「汝ぢ、明日家に返る事無かれ。汝を害せむと為る者、汝が家に有り」と。□□が云く、「我れ日来東国に有て、疾く家に返らむ事を願ふに、今此に来て、又此にて徒に亦数日を過すべきに非ず。亦数(あまた)の公物・私物、其の員有り。何(いかで)か此に留らむや。但し何(いか)にしてか彼の難をば遁るべき」と。是雄が云く、「汝ぢ、尚強に明日家に返らむと思はば、汝を殺害せむと為る者は、家の丑寅の角なる所に隠れ居たる也。然れば、汝ぢ、先づ家に行着て、物共をば皆取置かせて後、汝ぢ一人箭を番て、丑寅の角に然様の者の隠居ぬべからむ所に向て弓を引て、押宛て云はむ様は、『己れ我が東国より返上るを待て、今日我を殺害せむと為る事を兼て知れり。早く罷り出よ。出ずば速に射殺してむ』と云へ。然らば、法術を持て顕れずと云ふとも、自然ら顕れなむ」と教へつ。

□□、其の教へを得て、明る日、京に急ぎ返ぬ。家に行着たれば、家の人、「御座たり」と云て、騒ぎ喤(ののし)る事限り無。□□、一人は入れずして、物共をば皆取置せて、□□は弓に箭を番て、丑寅の角の方を廻て見るに、一間なる所に薦を懸たり。「此なめり」と思て、弓を引て箭を差宛て云く、「己れ我が上るを待て、今日我を殺害せむとす。我れ其の由を兼て知たり。早く罷出よ。出ずば射殺してむ」と云ふ。

其の時に、薦の中より法師一人出たり。即ち、従者を呼て此れを搦て問に、法師、暫くは此彼(とかく)云て不□□。強に問ければ、遂に落て云く、「隠し申すべき事にも非ず。己が主の御房の、年来此の殿の上に棲奉り給つるに、今日上給ふ由を聞き給て、『其れを待て必ず殺し奉れ』と此の殿の上の仰せられつれば、罷隠れて候つるに、兼て知らせ給ひければ」と。

□□、此れを聞て、我が宿報賢くして、彼の是雄と同宿して、命を存する事を喜ぶ。亦、是雄が此く占へば、実なる事感じて、先づ是雄が方に向て拝しけり。其の後、法師をば検非違使に取せてけり。妻をば永く棲まず成にけり。

此れを思ふに、年来の妻也と云とも、心は緩(たゆむ)べからず。女の心は此る者も有る也。亦、是雄が占、不可思議也。昔は此く新たなる陰陽師の有ける也、となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku24-14.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa