Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻24第11話 忠明治値竜者語 第十一

今昔、□□天皇の御代に、内裏に御ましける間、夏比冷(すずみ)せむとて、滝口共数(あまた)八省の廊に居たりける程に、徒然也ければ、一人の滝口有て、「此く徒然なるに、酒肴を取りに遣し侍らばや」と云ければ、外の滝口共、此れを聞て「糸吉き事也。早く取りに遣はすべし」と口々に責ければ、此の滝口、従者の男を呼て打松を遣つ。

男、南様に走て行ぬ。「今は十町許も行ぬらむ」と思ふ程に、空陰て夕立しければ、滝口共、物語などして廊に居たる程に、雨も止み空も晴ぬれば、「今や酒持来る」と待けるに、日の暮るまで行つる男も見えざりければ、「去来(いざ)返りなむ」とて、皆内裏に返ぬ。

此の酒取りに遣つる滝口は、奇異(あさまし)く腹立して思へども、云ふ甲斐無くて、共に返て本所に有るに、此の遣つる男、其の夜も見えざりければ、「希有の事かな。此れは只の事には非じ。此の男は道にて死たるか。若は重き病を受たるか」と、終夜(よもすがら)思ひ明ぬ。

明る遅きと、朝(つとめて)疾く家に急ぎ行きて、先ず昨日此の男遣し事を語るに、家の人の云く、「其の男は昨日来たりしに、死たる様にて彼(あし)こに臥たる。何にも物を云はで、□として臥たるぞ」と云へば、滝口、寄りて見るに、実に死たる様にて臥たり。物問へども答へも為ぬに□に動(はたら)く。

極く怪くて、近き程にて有ければ、滝口、忠明朝臣と云ふ医師の許に行て、「然々の事なむ候ふは何なる事ぞ」と問ければ、忠明の云く、「知らずや。其の事知難し。然らば、□灰を多く取り集めて、其の男を其の灰の中に埋て置て、暫く見よ」と教へければ、滝口返て、忠明の教へに随て、灰を多く集て、其の中に男を埋み置て、一二時許を経て見るに、灰動ければ、掻開て見るに、此の男、例の様に成て数1)して有けるに、水飲せなどして後、人心地に成畢(なりはて)にければ、「此は何なりつる事ぞ」と問ければ、男の云く「昨日、八省の廊にて仰を承りて、急ぎ美福下りに走り候しに、神泉の西面にて俄に雷電して夕立の仕りし程に、神泉の内の暗(やみ)に成て西様に暗がり罷りしに、見遣たりしに、其の暗がりたる中に金色なる手の鑭(きらきら)と見へしを急(き)と見て候しより、四方に暗塞(くれふた)がりて物も思えずして侍しを、然りとて路に臥すべき事にも非りしかば、念じて此の殿に参り着しまでは髴(ほのか)に思へ侍り。其の後の事は更に思へ侍らず」と。

滝口、此れを聞きて、怪み思て、亦、忠明の許に行て、「彼の男、仰のままに灰に埋たりしかば、暫く有て人の心に直て、然々なむ申す」と行ければ、忠明、嘲(あざ)咲て「然ればこそ、人の竜の体を見て病付ぬるには、其の治より外の事無し」と云ければ、滝口、返て後に陣に参て、他の滝口共に此の事を語ければ、滝口共も忠明をぞ讃め感じける。世にも此の事聞へて、皆忠明をぞ讃めける。

凡そ此れのみに非ず。此の忠明、止事無き医師にてぞ有けるとなむ語り伝へたるとや。

1)
頭注「数は臥の誤か」
text/k_konjaku/k_konjaku24-11.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa