Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻23第23話 相撲人私市宗平投上鰐語 第(廿三)

今昔、駿河国に私市(きさいち)の宗平と云ふ左の相撲人有けるが、取手共賢かりければ、出来て後、左の方にも右の方にも負くる事無かりければ、最手1)に立て、幾(いくばく)の程をも経ずして、脇に走りにけり。

其の時に、同方の相撲にて、参河国に伴の勢田世と云ふ相撲有けり。勢器量(いかめし)くて、力極て強き者也ければ、取り上げて最手に立て久く成にけるを、此の宗平が脇にて有けるに、合わせられたりければ、勢田世打たれにければ、宗平最手に立て、勢田世は脇に下てぞ有ける。然れば此の宗平、極たる相撲にてなむ有りける。

而る間、此の宗平、駿河国にして四月許に、狩をしけるに、鹿の、背を射られて、内海の有けるを游ぎ渡て向の山様に逃むと為るを、宗平游ぎ行く鹿に付て、鹿は三四町許游ぎ渡けるに、宗平立游して鹿に追付て、鹿の尻足を取て肩に引懸て游ぎ返るに、息(おき)の肩より白浪の立て、宗平が方様に来たりけり。浜に立たる射手共、音を高く挙て、游ぎ来る宗平に「其の浪は鰐にこそ有らめ。噉殺(くひころ)されなむと為るは」と云て、集て喤(ののし)るに、其の浪、宗平が許に来て、浪、宗平に打懸くと見る程に、「今は宗平は噉はれたらむ」と思ふに、浪、本の方へ返る。

亦、宗平、本の様に鹿を持て来るに、陸今一町許に成ぬるに、暫許(とばかり)有て、亦、此の宗平が許様へ来る。前の如く、宗平に打懸ると見る程に、暫許有て、浪亦返る。宗平、尚鹿を持て、渚今一二丈許に成る程に、陸の者共見れば、宗平鹿の尻足二つ、腰骨とを持たり。

暫許有れば、亦此の浪立て来る。陸の人集て、宗平に、「疾く上りね」と喤るに、宗平、耳にも聞入れずして立てり。浪既に近く来るを見れば、鰐の目を鏡の様に見成て、大口を開て、歯は剣の如く也。近く寄り来ては宗平を噉ふと見る程に、宗平、持たる鹿の足を鰐の口に入るるままに、鰐の頭の顎(あぎと)に手を指入れて、低(うつぶ)しに成て、相撲を投る如く、音を叫て陸様に投上げたれば、鰐一丈許陸に投上げられてふためくを、陸に立て見る射手共、箭を射立ければ、鰐、鹿の足を噉へ乍ら射殺しつ。

其の後、射手共集て、宗平に、「何にしてか噉はれざるぞ」と問ければ、宗平が云く、「鰐は物を噉ふには其(そこ)にて噉はずして、持行きて、必ず己が栖(すみか)に置て、其の残り有るを亦返て噉に来る也。然れば、其れを知りて、前の度に噉に来たりつるに、鹿を指遣たりつれば、鹿の頭・頸を噉切て返ぬ。次の度に来たりつるを、前足・腹骨を噉せて遣りつ。次の度に来たりつるには、尻足を持て噉せて投上たりつる也。此れを此く知らざらむ者は、一度に皆手を放て、皆噉せて、次の度は我れ必ず噉はれなむとす。案内を知らざらむ人は、此の様に為難き也。又、力無む人は、指遣て噉せむ程に、必ず突倒されなむ」と云ければ、此れを聞く射手共、希有の事にぞ云ひ合へりける。

隣の国まで、此れを聞て、讃め喤けりとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本「最」の異体字「㝡」。取手の誤りか
text/k_konjaku/k_konjaku23-23.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa