Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻23第21話 大学衆試相撲人成村語 第(廿一)

今昔、陸奥国に真髪の成村と云ふ老の相撲人有けり。真髪の為村が父、此の有る経則が祖父也。

其の成村が、相撲の節有ける年、国々の相撲共上り集て、相撲の節待ける程に、朱雀門に行、冷(すずみ)けるに、各「宿所に返りなむ」とて、遊び行(あるく)に、歩より東様に二条を行て、美福を下りに烈(つれ)走て行けるに、大学寮の東門を過むと為けるを、大学の衆共、数(あまた)門に出て冷立りけるに、此の相撲共の過むと為るが、皆水干装束にて、純(もとほし)を解て、押入烏帽子共にて、打群て過るを、此の衆共、安からず思て、「此を過ぐさじ」とて、「鳴(なり)高し。鳴制せむ」と云て、大路に立塞がりて通さざりければ、□□此く止事無き所の衆共の為る事なれば、破ても通り難て有けるに、此の衆の中に、長短(たけひき)やか也ける男の冠表衣など、異衆共より少し宜きが、勝れて立出て制する有けり。此の成村見初めてければ、「去来(いざ)々々返なむ」と云て、本の朱雀門に返ぬ。

其にて成村相撲共に議する様、「此の大学の衆の奴原の我等を通さざりける、極て安からぬ事也。押て通らむと思つれども、然ては今日は通らで返なむ。明日来て必ず通らむと思ふ。其の中に、勝れて『鳴制せむ』と云て、立ち塞がりつる男有つ。糸賢き奴也。明日通らむに、今日の様に制せむとすらむ」。其れを□□の国に有ける□□□と云ける相撲を指して、「其の中に勝れて制しつる男のしや尻を、血出許に蹴給へ」と、成村云へば、彼の然か云はるる相撲、脇を掻きて、「己が蹴なむには生かじ。定(ぢやう)辛くてこそ生かめ。必ず蹴侍らむ」とぞ云ける。其の相撲、等輩に勝れて、殊に思え有ける者也。走りなむども疾くして、心も猛かりければ、思量ひて成村も云なるべし。然て、其の日は、各宿に返りてけり。

亦の日に成て、昨日来ざりし相撲共、皆来り集て、極多かり。此く今日通らむと構つる事を、大学の衆共や然や心得たりけむ、昨日よりは人多くて、かしがましく「鳴高し。鳴制せむ」と、大路に出て云ひ立りけるに、相撲共は打群て、昨日の様に歩み懸りたりければ、昨日勝れて制せし衆、例の事なれば、中に勝て大路中に出て、「過さじ」と思たる気色現(あらは)也。

其の時に、成村、「彼の尻蹴よ」と云たる周防に、急ぎ目を懸たりければ、此の相撲人よりは長高く大きにて、若く勇みたりける者なれば、袴の扶(くくり)高やかに上て、指進て歩み寄るに、其れに次(つづ)きて、異相撲共、只通に通らむと為るを、衆共は「通さじ」と塞がる程に、此の尻蹴むと為る相撲、彼の衆に走り懸りて、蹴倒さむと足を高く持上(もたげ)たるを、此の衆、目を懸て背を撓て違ければ、蹴はづして、足の高く上て、仰様(のけざま)に成る様に為るを、此の衆、其の足を取て、其の相撲を細き杖などを人の持ちたる様に提て、異相撲共に走り懸りければ、異相撲共は此れを見て、走り逃ぐ。然て、其の提たる相撲をば投ければ、振ぬきて、二三丈許投げられて、倒れ臥にけり。身砕けて起上がるべくも非ず成ぬ。

其れをば知らずして、成村が有る方に走り懸て来ければ、成村此れを見るに、「事の外に力有る者にこそ有けれ」と思て、奇異(あさまし)くて、目を懸て逃けるに、所も置かず追ければ、成村、朱雀門の方様に走りて、脇戸より逃入けるを、やがてつめて走懸ければ、成村、「捕らはれぬ」と思て、築垣の有けるを超けるを、「引へむ」と手を指遣たりけるを、疾く超にければ、異所をばえ捕らへで、片足の少し遅く超ければ、踵を沓履乍ら捕たりければ、沓の踵に足の皮を取り加て、沓をも踵をも、刀を以て切たる様に引切りて取てけり。成村、築垣の内に超立て足を見ければ、血走て止まず。沓の踵も切れて失にけり。

成村、「我れを追いつる大学の衆は、奇異く力有る者かな。尻蹴むとしつる相撲をも取りて、人杖に仕て投棄てつ。世の中広ければ、此る者も有るこそ恐しけれ」と思て、其より宿所へは密に返にける。

其の投げられたりける相撲は、死入(しにいり)たりければ、従者共来て、物に掻入れて荷てぞ、宿所に将行にける。其の年は相撲の取手にも立ざりけり。

其の後、成村、方(かた)の将(すけ)「然々の事なむ候つる」と語ければ、将も此れを聞て奇異がりけり。成村が云けるは、「成村に於ては、彼れは力に合ふべきにも候はざりけり。彼の大学の衆、古にも恥じず極たる相撲に候たり」と申ければ、方の将、此の由を公に申ければ、宣旨に「『式部丞也と云とも、其の道に堪たらむ物をば召すべし』と云ふ事有り。何に況や、大学の衆は何事か有らむ」とて、尋ねられけれども、何になる事にか有けむ、其の人と云ふ事も聞かで止みにけり。

此れ希有の事也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku23-21.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa