Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻23第19話 比叡山実因僧都強力語 第(十九)

今昔、比叡山の西塔に実因僧都と云ふ人有けり。小松の僧都とぞ云ける。顕密の道に付て、止事無かりける人也。其れに極く力有る人にて有ける。

僧都、昼寝したりけるに、若き弟子共、師の力有る由を聞て、試むが為に、胡桃を取て持来て、僧都の足の指十が中に胡桃八つを夾みたりければ、僧都は虚寝をしたりければ、打任せて夾まれて後、寝延を為る様に打うむめて足を夾みければ、八つの胡桃、一度にはらはらと砕にけり。

而る間、天皇の、僧都、内の御修法行ひける時、御加持に参たりけるに、伴僧共は皆通にけり。僧都は暫く候て、夜打深更(ふく)る程に罷出けるに、「従僧・童子などは有らむ」と思けるに、履物許を置て、従僧・童子も見えざりければ、只独り衛門の陣より歩み出けるに、月の極て明かなれば、武徳殿の方様に歩み行(あるき)けるに、軽かに装きたる男一人寄来て、僧都に指向て云はく、「何ぞ独は御ますぞ。負はれさせ給へ。己れ負て将奉らむ」と云ひければ、僧都「糸吉かりなむ」と云て、心安く負はれにければ、男、掻負て、西の大宮、二条の辻に走り出て、「此に下給へ」と云へば、僧都、「我は此へや来むと思つる。壇所に行むと思つる」と云ければ、男、然許(さばかり)力有る人とも知らず、只「有る僧の衣、厚く着たるなめり」と思て、「衣を剥む」と思ければ、麁(あらら)かに打振て、音を嗔らかして、「何でか『下らじ』とは云ふぞ。和御房は命惜くは無きか。其の着たる衣得させよ」と云て、立返らむと為るに、僧都、「否や。此くは思はざりつ。我が独行くを見て、糸惜がりて、負て行かむと為るなめりとこそ思ひつれ。寒きに、衣をこそ否脱ぐまじけれ」と云て、男の腰をひしと夾みたりければ、太刀などを以て腰を夾み切らむ如く、男、堪難く思へければ、「極て悪く思ひ候ひけり。錯(あやまり)申さむと思給へるが、愚に候ける也。然らば御ますべからむ所、将来らむ。腰を少し緩べさせ給へ。目抜け腰切れ候ぬべし」と術無気なる音を出して云ければ、僧都、「此(かく)こそ云はめ」とて、腰を緩べて、軽く成て、負はれたりければ、男、負ひ上て、「何(いづ)ち御まさむずる」と問へば、僧都、「『宴の松原に行て、月見む』と思つるを、汝がさかしくて此に負て将来れば、先づ其(そこ)に将行て月見せよ」と云ければ、男、本の如くに、宴の松原に将行にけり。

其にて、「然らば下させ給ひね。罷り候ひなむ」と云へども、尚免さずして、負はれ乍ら月を詠(なが)め、うそ吹て、時替るまで立てり。男侘る事限無けれども、僧都、「右近の馬場こそ恋しけれ。其へ将行け」と云へば、男、「何でか、然までは罷り候はむ」と云て、只に居るを、僧都、「然らば」とて、亦腰を少し夾みければ、「穴堪難き。罷り候はむ」と侘び音に云ければ、亦腰を緩べて、軽く成にければ、負上て、右近の馬場に将行にけり。

其にて亦負はれ乍ら、無期に歌詠めなどして、其より亦、「喜辻の馬場を下(くだり)様に永く遣らむ。其に将行け」と云へば、辞ぶべくも無ければ、侘て亦将行ぬ。其より亦、云ふに随て、西宮へ将行ぬ。

此の如くしつつ、終夜(よもすがら)負はれつつ行て、暁方にぞ、壇所に将返て、遁て去(い)にけり。

男、衣を得たれども、辛き目を見たる奴也かし。此の僧は、此く力の極く強かりけるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku23-19.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa