Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻23第15話 陸奥前司橘則光切殺人語 第(十五)

今昔、陸奥前司橘則光と云ふ人有けり。兵の家に非ねども、心極て太くて、思量(おもひはかり)賢く、身の力などぞ極めて強かりける。見目なども吉く、世の思えなども有ければ、人に所置かれてぞ有ける。

其の人未だ若かりける時、前の一条院、天皇の御代に衛府の蔵人にて有けるに、内の宿所(とのゐどころ)より忍て女の許に行けるに、夜漸く深更(ふく)る程に、太刀許を提げて、歩にて小舎人童一人許を具して、御門より出て、大宮を下りに行ければ、大垣の辺に人の数(あまた)立る気色の見へけるを、則光「極て恐し」と思乍ら過る程に、八日九日許の月の西の山の葉近く成たれば、西大垣の辺は景にて人の立てるも慥にも見えぬに、大垣に方より音許して「彼(あ)の過る人、罷止まれ。君達の御ますぞ。え過ぎじ」と云ければ、則光「然ればこそ」と思へど、□□に返すべき様も無ければ、疾く歩て過るを、「然ては罷なむや」と云て、走り懸て来る者有り。

則光、突伏て見るに、弓景は見へず。太刀、鑭(きらきら)として見へければ、「弓に非ざりけり」と心安く思て、掻伏して逃るを、追次(おひつづ)きて走来れば、「頭打ち破ぬ」と思へて、俄に傍様に急て寄たれば、追ふ者走り早まりて、え止まり敢ずして、我が前に出来たるを過し立て、太刀を抜て打ければ、頭を中より打破つれば、低(うつぶ)しに倒れぬ。「吉く打つ」 と思ふ程に、亦「彼れは何がしたる事ぞ」と云て、走り懸て来る者有り。然れば太刀をもえ指敢へずして、脇に挟て逃るを、「けやけき奴かな」と云て、走り懸りて来る者の、初めの者よりは足疾く思へければ、「此れをばよも有つる様には為られじ」と思て、俄に忿り突居たれば、走り早まりたる者、我れに蹴躓(けつまづき)て倒たるを、違て立ち上て起し立てず、頭を打破てけり。

「今は此くなめり」と思程に、今一人有ければ、「けやけき奴かな。然てはえ罷らじ」と云て、走り懸て、疾く来ければ、「此の度は被錯(あやまたれ)なむと為る。神仏助け給へ」と、太刀を鉾の様に取成して、走り早まりたる者に俄に立向ひければ、腹を合せて走り当りぬ。彼も太刀を持て切らむとしけれども、余り近くて衣だに切られで、鉾の様に持たる太刀なれば、受けられて中より通にけるを、太刀の𣠽(つか)を返しければ、仰様(のけざま)に倒にけるを、太刀を引抜て切ければ、彼れが太刀抜たりける方の肱(かひな)を肩より打落してけり。

然て、走去(はしりのき)て、「亦や人や有る」と聞けれども、音も無かりければ、走廻て、中の御門に入りて柱に掻副て立て、「小舎人童は何がしつらむ」と待たるに、童、大宮を上(のぼり)に、泣々く行(あるき)けるを、呼ければ、走り来けり。

其れを宿所に遣して、「着替を取て来(こ)」と云て遣つ。本着たりつる表の衣・指貫には血の付たるを、童に深く隠させて、童の口、吉く固て、太刀の杷に血の付たりけるなど吉く洗ひ拈(したた)めて、表の衣・指貫など着替て、然(さる)気色無くて宿所に入り臥にけり。

終夜(よもすがら)「此の事若し我がしたる事とや聞へむずらむ」と、胸騒ぎ思ふ程に、夜曙(あけ)ぬれば、云ひ騒ける様、「大宮大炊の御門の辺に、大なる男三人を、幾く程も隔てず切伏たる、極く仕たる太刀かな」と。「互に切て死たるかと、思て吉く見れば、同じ刀の仕ひ様也。敵のしたる事にや。然れど、盗人と思(おぼしき)様にしたるなり」と、云ひ喤(ののしり)て、殿上人共、「去来(いざ)行て見(みん)」など云て皆行くに、則光をも「去来々々」と倡(いざな)ひ将行けば、「行かじ」と思へども、行かぬも亦心得ざる様なれば、渋々にて具して行ぬ。

車に乗り低て遣り寄せて見れば、実に未だ何にも為さで置たりけり。其れを歳三十許の男の鬘髯(かずらひげ)なるが、無文の袴に紺の洗曝の襖に、款冬(やまぶき)の衣の糸と吉く曝されたるを着て、猪の逆頬(さかづら)の尻鞘したる太刀帯(はき)て、鹿の皮の沓履きたる有り。脇を掻き、指(および)を差て、此向彼向(とむきかうむき)て物を云ふ。「何の男にか有らむ」と思ふ程に、車の共なる雑色共の云く、「彼の男の敵を切殺したるとなむ申す」と云ければ、則光、「糸喜(うれ)し」と聞くに、車に乗たる殿上人共、「彼の男召し寄せよ。子細を問はむ」と云て呼(よば)すれば、召将来たり。

見れば頬(つら)かけにて頤反(そり)たり。鼻下りて赤髪也。目は摺赤めたるにや有らむ、血目に見成て、片膝を突て、太刀の杷に手を懸て居たり。「何なりつる事ぞ」と問へば、「夜半ばかりに『物へ罷』とて此を罷過つるに、者の三人『己は罷り過なむや』と申して、走懸て詣来つるを、『盗人なめり』と思給へて、相構て打伏て候ひつるが、今朝見給ふれば、己を年来『便有らば』と思ふ者共にて候ければ、『敵にて仕たりける事也けり』と思給へて、『しや頸取らむ』と思給へて候也」とて立ぬ。指を差しつつ、低(うつぶゐ1))ぬ仰(あふのき)ぬして語り居れば、公達「あらあら」と云て、問ひ聞けば、弥よ狂ふ様にして、語り居り。

其の時に、則光、「可咲(をかし)」と思へども、「此の奴の此く名乗れば、譲得て喜し」と思て、面(おも)持上(もたげ)られける。「其の前は、『此の気色や、若し騒がしからむ』と人知ず思ひ居たりけるに、我と名乗る者の出来にたれば、其れに譲てなむ止にし」と老の畢(はて)に子共に向て語けるを、語り伝へたる也。

此の則光は□□と云ふ人の子也。只今有る駿河前司季通と云ふ人の父也、となむ語り伝へたるとや。

1)
底本「ウツブヰ」とルビ。おそらく「ウツブキ」の誤植
text/k_konjaku/k_konjaku23-15.txt · 最終更新: 2015/01/09 17:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa