Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻22第5話 閑院冬嗣右大臣幷子息語 第五

今昔、閑院の右大臣冬嗣と申ける人の御子数(あまた)御けり。

兄をば長良の中納言と申けり。何なり事にか有けむ、此の中納言は太郎にては御けれども、弟二人の下臈にてぞ御ける。然れども、此の中納言の御子孫は于今繁昌して、近代まで栄え給て、太政大臣関白摂政に成し給ふも、皆此の御子孫に御ます。何に況や上達部より以下の人は世に隙無し。

二郎は太政大臣まで成上り給て、良房の大臣と申す。白川の太政大臣と申す此れ也。藤原の氏の摂政にも成り、太政大臣にも成給ふは此の大臣の御時より始れば也けり。凡そ此の大臣は心の俸(おき)て広く身の才賢くて、万の事人に勝れてぞ御ける。亦和歌(うた)をぞ微妙く読給ける。

御娘をば、文徳天皇の御后にて、水尾の天皇の御母也。染殿の后と申す。此れ其の后の御前に、微妙き桜の花を瓶に指て置かれたりけるを、父の太政大臣、見給て読給ける也

  としふればよはひはおいぬしかはあれど花をしみればものをもひなし

と、后を花に譬へて読み給へる也けり。此の大臣は此く微妙く御けれども、「男子の一人も御ざりければ、末の御ぬが極て口惜き也」とぞ、世の人申ける。

三郎は良相の右大臣と申ける。世に西三条の右大臣と申は此れ也。其の比、浄蔵大徳と云ふ止事無き行者有けり。其の人(ひ)と、極じき檀越として、大臣千手陀羅尼の霊験蒙り給へる人也。

此の大臣の御子は大納言の右大将にて、名をば常行と申けり。而るに、其の大将の御子二人有けり。兄は六位にて典薬の助に成て、名をば名継とぞ云ける。弟は五位にて主殿の頭にて、名をば棟国とぞ云ける。皆糸賤き人にて有ければ、其の子孫無きが如し。

然れば彼の長良の中納言は、弟二人に越されて辛しとこそは思給けめども、其の弟の御子孫は無して、此中納言の御子は数御ける中に、太政大臣、関白に成て、御名をば基経と申す人御ける。其の御子孫繁昌して、于今栄て微妙く御ます。

此れを思ふに、世の人「当時弊(そのかみわろ)けれども遂に子孫栄え、当時吉けれども末無し。此れ皆前生の果報也」となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku22-5.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa