Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻22第4話 内麿大臣乗悪馬語 第四

今昔、内麿の右大臣と申ける人は、房前の大臣の御孫、大納言真楯と申ける人の御子也。

身の才止事無くて、殿上人の程より公に仕り給て、其の思え微妙くなむ御ける。世の人、皆重く敬て随ぬ者無かりけり。形ち有様、愚なる事無かりけり。亦心直くて人に用ゐられてなむ御ける。

而るに此の大臣、年未だ若く御ける時に、他戸(おさべ)の宮と申す太子御けり。白壁の天皇の御子也。其の人心猛くして、人に恐られ(おぢられ)てなむ御ける。

其の時に一の悪馬有けり。人の乗らむと為る時に、必ず踏咋(ふみくふ)。然れば敢て人乗る事無かりけり。

而る間、彼の他戸の御子、内麿に命じて、此の悪馬に乗らしむ。然れば内麿、此の馬に乗り給ふに、万の人此れを見て恐怖れて、「内麿、定めて此の馬に咋踏まれて損じ給ひなむとす」と糸惜く思ひ合へりけるに、内麿乗り給ふに、此の馬頭を垂て動(はたら)く事無し。然れば内麿、事無く乗り給ひぬ。其の後度々鞭を打給ふに、馬尚動かず。然りて庭を度々打廻て、下給ひにけり。

見聞く人、内麿を讃て「此れ只人にも御ざりける」とぞ思ひける。昔は此る人なむ御けるとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku22-4.txt · 最終更新: 2014/09/14 01:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa