Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第45話 小野篁依情助西三条大臣語 第四十五

今昔、小野の篁と云ふ人有り。学生にて有ける時に、事有て、公け過(とが)を行はれけるに、其の時に、西三条大臣良相1)と申ける人、宰相として、事に触て篁が為に吉き事を2)宣ひけるを、篁、心の中に「喜(うれ)し」と思て年来経る間に、篁、宰相に成ぬ。良相の大臣も大臣に成ぬ。

而る間、大臣、身に重き病を受て、日来を経て死給けり。即ち閻魔王の使の為に搦められて、閻魔王宮に至て、罪を定めらるるに、閻魔王宮の臣共の居並たる中に、小野篁居たる。大臣、此れを見て、「此れは何なる事にか有らむ」と怪く思えて居たる程に、篁、笏を取て、王に申さく、「此の日本の大臣は、心直くして、人の為に吉き者也。今度の罪、己れに免し給らむ」と。王、此れを聞て宣はく、「此れ、極て難き事也と云へども、申請ふに依て、免し給ふ」と。

然れば、篁、此の搦たる者に仰せ給て、「速に将返るべし」と行へば、将返ると思ふ程に、活(いきかへ)れり。其の後、病漸く止て、月来3)を経るに、彼の冥途の事、極て怪く思ふと云へども、人に語る事無し。亦、篁にも問ふ事共4)無し。

而る間、大臣、内に参て、陣の座に居給ふに、宰相篁、兼て居たり。又人無し。「只今吉き隙也5)。彼の冥途の事、問ひてむ」と、「日来、極(いみじ)く怪く思えつる事也」と思て、大臣居寄て、忍て篁の宰相に云く、「月来も便無くて申さず。彼の冥途の事、極て忘難し。抑々、其れは何なる事ぞ」と。篁、此れを聞て、少し頬咲て云く、「先年の御□□6)の喜く候ひしかば、其の喜びに申したりし事也。但し、此の事、弥よ恐て、人に仰せらるべからず。此れ、未だ人の知らぬ事也」と。

大臣、此れを聞て、弥よ恐れて、「篁は只人にも非ざりけり。閻魔王宮の臣也けり」と云ふ事を始て知て、「人の為には直しかるべき也」とぞ、諸の人には懃に教へ給ひける。

而る間、此の事、自然ら世に聞えて、「篁は閻魔王宮の臣として、通ふ人也けり」と、人、皆知て、恐ぢ怖れけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
藤原良相
2)
底本頭注「事ヲ一本サシラヘヲニ作ル」
3)
底本頭注「月来一本日来ニ作ル下同ジ」
4)
底本頭注「事共諸本共字ナシ」
5)
「隙也」は底本「也隙」。誤植とみて訂正
6)
底本頭注「御ノ下一本サシラヘニ作リ又一本ナサケニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku20-45.txt · 最終更新: 2016/03/22 22:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa