Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第42話 女人依心風流得感応成仙語 第四十二

今昔、大和国宇陀郡に住む女人有けり。本より心風流にして、永く凶害を離れたり。七人の子を生ぜり。家貧くして、食物無し。然れば、子共を養ふに便無し。

而るに、此の女、日々に沐浴し身を浄め、綴(つづり)を着て、常に野に行て、菜を採(つみ)て業とす。又、家に居たる時は、家を浄むるを以て役とす。又、菜をば調へ盛て、咲を含て、人に此れを食はしむ。

此れを以て、常の事として有ける間に、其の女、遂に心直(すなほ)なる故に、神仙、此れを哀びて、神仙に仕ふ。遂に、自然ら其の感応有て、春の野に出て、菜を採て食する程に、自然ら仙草を食して、天を飛ぶ事を得たり。

心風流なる者は、仏法を修行せずと云へども、仙薬を食して、此く仙と成けり。此れを服薬仙と云ふなるべし。心直くして、仙薬を食しつれば、女也と云へども、仙に成て空を飛ぶ事、此の如し。

然れば、人、猶心を風流にして、凶害をば離るべき也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku20-42.txt · 最終更新: 2016/03/21 19:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa