Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第36話 河内守依慳貪感現報語 第卅六

今昔、河内の国讃良の郡に、郡司なる男有けり。心に三宝を信じて、専に後世を恐るるが故に、仏の写し奉て、経を書き奉て、年来供養せずして過るに、年久くして、一生の貯を投棄て、吉日を撰て、供養を儲けたり。比叡の山の□□□阿闍梨と云ふ人、態と請じ下て講師とす。

既に其の日に成て、事始る程に、国の内の上下の人、聴聞の為に来り臨て、市を成て居並たり。檀越は高座の許に近く、手を合せて屈(かがま)り居たり。講師、音を挙て表白する程に、此の居並たる聴聞の者共、俄に板敷にはらはらと迷(ま)どひ下て喤(ののし)る。

檀越、「何事ぞ」と問へども、答ふる人無し。講師も□□て、暫く物も云はずして有るに、暫許(とばかり)有て見れば、国の守に□□の□□と云ふ人、極て老たれば、郎等共に抱き下されて、郎等に懸て来ぬ。板敷に上て、中の間に居て云く、「『貴き仏事修す』と聞つれば、『結縁せむ』と思て来つる也」とて、手を押し摺て、講師に向て、「疾く申し上げ給へ」と勧れば、講師、「無下の国人の限りと聞つれば、暗の夜などの様に思えつるに、此の1)年老たれば、昔の説経共をも吉く聞き集めたらむ。又、才も只今の極めたる者なれば、然るべき因縁・譬喩も聞き知たらむ。然れば、此れが聞くに才施して聞かしめむ」と思て、音を挙て、扇を開き仕ひ、如意を高く捲(にぎ)り、肱を延て説かしむと為るに、守の云く、「翁詣来極(こう)じにたり。結縁に許也。罷出て休まむ」と云て、講師の料に、2)許に行ぬ。

講師は、守も聞さして行ぬ、檀越も行たる方に立て行ぬ、然れば、檀越も説法を聞さして、守と行ぬれば、奇異(あさまし)く思ふ事限無し。「檀越の返らむをだに待てこそは、申し畢め」と思ふ程に、只何とも無き由無し事を、無期に云ひ居たり。兼て案じつる事共、皆違ぬれば、聞知る人も無きままに、云ひ居たる也。「然れども、皆法文なれば、功徳とこそは成らめ」と思ふにも、侘しき事、譬へむ方無し。

守の前には食物など備へたれば、守、「糸吉し。極じたるに食てむ」と云て、酒も二三杯許呑つ。然て、檀越に云く、此の講師は只今の止事無き名僧にて座すがり。布施など異様ならば、名を立る也。然様の事は、田舎の人は知難し。何様(いかやう)にか儲たる。取出でよ。裹たらむ様も見む。又、布施は此の共に有る郎等共に取せむ」と云へば、檀越、喜びを成して、説経も聞かずして罪も得ぬべく思て居たるに、守の此く云へば、喜(うれし)くて、布施を取出して、三裹、守の前に置つ。一裹には綾卅疋、一裹には八丈絹卅疋、一裹には例の絹五十疋裹たり。清気なる絹共に裹たり。

守、此れを見て、「糸吉く儲たり。尊は物の故こそ知たりけれ。亦、徳の遣らむ方た無く有れば、此く為るも理也。抑々、尊、成すべき官物、其の員有り。此れは、其の代りに、我れ取てむ。亦取出て、此れが様に員劣らず疾く裹て、講師には奉るべき也。穴賢、愚に為べからず」と云て、「男共、詣で来て、此れ取れ」と云へば、郎等、二人出来て、三裹乍ら、皆抱き取て去ぬ。

其の後、馬引出させて這乗て、守、行ぬれば、檀越、目口開て、□□て物も思へず、暫く許り有て、目より大きなる涙を雨の如く落して泣く事限無し。泣き入て、低(うつぶし)に臥たれば、子共類親3)など、糸惜がりて、各走り騒て、賤の絹卅疋許、求め集めてぞ講師に取せける。

其の時に、檀越、講師の高座に居たる所に行て、「此る外道に功徳を妨げられぬる。悲き事也」と云て、音を挙て叫べば、説経する空も無くて止ぬ。

高座より下て、「何(いか)に」と問へば、泣入て答ふる事無し。子の男出来て、「然々の事候つる也」と云へば、講師、「何(いかで)か歎き給ふ。我れは布施無□4)、更に愚に思ひ申すべきに非ず。其(そこ)の年、既に老にためり。貧き身に、年来の貯へを此の料と貯へ置て、願を遂るを、俄に大魔障出来て妨ぐるは、功徳の実なければ、此く有る也。然れども、我れに於ては、道心を発して、懃に仏経を釈し侍ぬ。後世の事、必ず助かるべしと思給ふべし。講師の説経の愚ならばこそ、妨げられたるに有らめ。我が事の違たらむは、此く聞き見つれば、同事也。更に歎き給ふべきに非ず」と云へば、檀越、「此く仰給ふ、嬉き事也」と泣々く云ふ。

講師、心の内には「極じき罪をも造るかな」と思て、京に上て悪5)きままに云ひ披たる也けり。其の後、守、幾程を経ずして死にけり。

此れを思ふに、後世に何許の罪を受くらむ。人、努々見る物に就て、此の如くの誤用を成すべからずとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「此ノノ下守字ヲ脱セルカ」
2)
底本頭注「料ニノ下脱文アラン」
3)
底本頭注「類親一本親類トアリ」
4)
底本頭注「無ノ下共字アルベシ」
5)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku20-36.txt · 最終更新: 2016/03/20 15:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa