Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第35話 比叡山僧心懐依嫉妬感現報語 第卅五

今昔、比叡の山の東塔に、心懐と云ふ僧有けり。法を学びて山に有けるに、年若くして、指せる事無かりければ、山にも住得ざりける程に、美濃の守□□のと云ふ人有けり。其の人に付て、彼の国に行ぬ。守の北の方の乳母、此の僧を養子(とりこ)とす。然れば、国司、其の縁に依て、方々に付て顧けり。此れに依て、国(く)に人、此の僧を、一の供奉と名付て、畏り敬ふ事限無し。

而る間、其の国に大疫発て、病死する者多かり。国人等、此れを歎て、守の京に有る間に、申上(のぼせ)て、国人、皆心を一にして、南宮と申す社の前にして、百座の仁王講を行ふべき事を始む。経に説かれたるが如く、力を尽して、厳しく大会を儲く。必ず其の験有るべく、国人共、皆憑たり。一人として志を運ばざる者無し。大きなる幡共を懸け並べ、千の灯を褰げ、音楽を調ふ。

而るに、其の惣講師には、懐国供奉と云ふ人をなむ請(しやうじ)ける。其の供奉は、筑前の守源の道成の朝臣1)の弟也。学生も人に勝れ、説経も上手也。又、兄に似て、和歌を吉く読み、物語をも吉く為れば、諸の俗共、此の人を得意として遊び戯ければ、所得たる名僧にてなむ有ける。其れに、後一条の院2)の御読経衆にて年来候ひけるに、失させ給ひにければ、世忽に替て、寄付かむ方も思えず、哀れに思はれければ、年は老にたり、事の縁も無くて、阿闍梨にも成難く、憑み奉つる君は失させ給ひぬ。「今は世に有ても何にかはせむ」と思ひ取て、忽に道心発して、美濃国に行て、貴き山寺に籠り居たる也けり。其れを、「態と請ぜむに、此く許の人をこそは請ぜめ。而るに、国の内に居たれば、極たる便宜也」と思て、請ずる也。

抑々、比叡の山にては止事無き人にて有けり。御弟子共も、然るべき人々、学生にて山に有なり。然れば、「先づ案内を申さむ」とて、此く講師に請じ申す由を、内々に云ひければ、供奉の云く、「此の事を聞けば、国の内の祈の為なり。我れ、此の国を憑て此て居たり。何でか愚には思はむ。然れば、必ず出づべき也」と。

而るに、其の日に成て、漸く事始むる程に、供奉出でて、房に□3)たる所にて、法服直しく調て居たるに、輿を荷ひ蓋を捧て、楽人、音楽を調へて、直しく烈(つ)れて迎ふ。講師、香炉を取て、輿に乗ぬれば、上に蓋を差覆て、迎へて高座に登らしめせつ。余の講師共も、百人乍ら、皆高座に登ぬ。百の菩薩像、百の羅漢像、皆微妙く書立奉て、懸並べ奉たり。様々の造花共、瓶に差したり。色々の仏供共も、微妙くして盛り渡したり。

其の時に、惣講師、先づ申上げむが為に、仏を見奉る程に、彼の一の供奉、甲の袈裟を着て、袴の扶(くくり)を上て、怖し気なる法師原の長刀を提たる、七八人許を具して、高座の後に出来て、三間許去て、脇を掻て、扇を高く仕て、嗔て云く、「彼の講師の御房、山にてこそ、遥に止事無き学生とは見進(みたてま)つれ。此の国にては、守の殿、我れをこそ、国の一の法師には用ゐらるれ。他の国は知らず。此の国の内には、上下を論ぜず、功徳を造る講師には、国の一の供奉ぞなむ、必ず請ずるに、御房止事無く坐すとも、賤き己を請ずべきに、己を置乍ら、彼の御房を請じ進るは、守の殿を無下に蔑(あなづ)り奉るには非ずや。今日、事は欠くと云ふとも、其(そこ)に講師は為しめざるなれ。穴糸惜し。法師原、詣来て、此の惣講師の御房の居たる高座覆せ」と云へば、即ち法師原寄て、覆さむと為るに、講師丸び下る程に、長短(たけひく)なれば、逆様に倒れぬ。

従僧共、提に提て高座の迫(はざま)より将逃れば、其の後、一の供奉の、代りに飛び登て、嗔々る講師の作法共しつ。余の講師共は、我にも非ぬ心地して、行にも非ず、事皆乱れぬ。国の者共も、一の供奉に未だ見えざりける者共は、「事にも懸る」と思て、後の方より皆逃て行ければ、人少くなに成ぬ。

即ち事畢ぬれば、惣講師の料に儲たりつる布施共は、皆一の供奉に取せつ。残り留たる国人共の思たる貌・気色、極て本意無気也。

其の後、墓無くて任も畢ぬれば、一の供奉も京に上りぬ。守も二三年許を経て死ぬれば、一の供奉も寄り付く方無くて、極て便り無く成ぬ。

而る間、白癩と云ふ病付て、祖と契れりし乳母も、「穢なむ」とて、寄らしめず。然れば、行くべき方無くて、清水、坂本の庵に行てぞ住ける。其にても、然る片輪者の中にも悪4)まれて、三日許有て死にけり。

此れ他に非ず。厳き法会を妨げ、我が身賤くして、止事無き僧を嫉妬せるに依て、現報を新たに感ぜる也。然れば、人、此れを知て、永く嫉妬の心を発すべからず。嫉妬は此れ天道の悪5)み給ふ事也となむ、語り伝へたるとや。

1)
源道成
2)
後一条天皇
3)
底本頭注「房ニノ下一本シツラヒニ作リ又一本似ニ作ル」
4) , 5)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku20-35.txt · 最終更新: 2016/03/19 22:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa