Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第32話 古京女為母依不孝感現報語 第卅二

今昔、古京の時に、一人の女有けり。孝養の心無くして、母を養はざりけり。

其の母、寡にして、家食貧くして、而も家に飯を炊がざる時、「此の娘の家に行て、飯を乞て食はむ」と思て、行て、「飯や有る。食はむ」と云ふに、娘の云く、「只今、夫と我れとが飯許有て、母に食はしむべき飯無し」と云て与へず。

母、幼き子を相具せり。此れを抱て、家に返るに、道の辺を見れば、裹める飯有り。此れを見て、家に持来て食すれば、飢への心失ぬ。「今夜、食物無くして、飢なむとす」と思ふに、此れを食て喜て寝ぬ。

而るに、其の夜の夜半許過る程に、人、戸を叩て、呼て云く、「汝が娘、只今、音を高く叫て、我が胸に釘有り。『我れ忽に死なむとす。我を助けよ』と叫ぶ」と告ぐ。母、此れを聞くと云へども、夜半なるが故に、忽に行かざる程に、其の娘、遂に死にけり。然れば、母と相見る事無くして死ぬ。

此れら、極て益無き事也。母に孝養せずして死ぬれば、後世に又悪道に堕む事、疑ひ無し。飯無くば、我が分を譲て、母に食はしむべきに、我れ夫と二人食て、母に食はしめずして死ぬる事、此れ天の責を蒙れる也。日の内に現報を感ずる、哀なる事也。

世に有らむ人、猶尤も父母に孝養すべき也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku20-32.txt · 最終更新: 2016/03/17 23:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa