Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第30話 和泉国人焼食鳥卵得現報語 第三十

今昔、和泉の国和泉の郡の痛脚村に一人の男有けり。心邪見にして、因果を知らず、常に鳥の卵(かひこ)を求て、焼き食ふを以て業とす。

而る間、天平勝宝六年と云ふ年の三月の比、見知らざる人、此の男の家に来れり。其の姿を見れば、兵士の形也。此の男を呼び出て、告て云く、「国の司、汝を召す。我に具て参るべし」と。然れば、男、兵士に具て行くに、此の兵士を吉く見れば、腰に四尺許の札を負へり。

纔に郡の内に至るに、山直の里にして、山辺に麦畠の有るに、男を押入て、兵士は見へず。畠一町許也。麦二尺許生たり。忽に見れば、地に炎火有て、足を踏むに隙無し。然れば、畠の内に走廻て叫て、「熱(あつ)や、熱や」と云ふ。

其の時に、村の人、薪を切らむが為に、山に入(いらん)と為(する)に、見れば、畠の中に哭叫て、走廻る男有り。此れを見て、「奇異也」と思て、山より下り来て、男を捕へて引く。辞て引かれず。然れども、強く引て垣の外に引出しつ。男、地に倒臥ぬ。

暫く有て、活(いきかへ)り起たり。痛く叫て、足を病む事限無し。山人、男に問て云く、「汝ぢ、何の故に此く有ぞ」と。男、答て云く、「一の兵士来て、我を召し将来て、此に押入つ。地を踏むに、地皆焔火にして、足を焼く事、煮たるが如し。四方を見れば、皆火の山を衛(かこみ)て隙無くて、出ざるが故に、叫て走廻る也」と。山人、此れを聞て、男の袴を褰げて見れば、膊(はぎ)爛て、骨現に見ゆ。一日を経て、男、遂に死にけり。

人、皆此れを聞て、「殺生の罪に依て、現に地獄の報を示す也」とぞ云ける。

然れば、人、此れを見聞て、邪見を止め、因果を信じて、殺生すべからず。「『卵を焼煮る者は、必ず灰地獄1)に堕つ』と云は実也けり」とぞ人云けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「灰地獄ハ灰河地獄ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku20-30.txt · 最終更新: 2016/03/17 15:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa