Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第28話 大和国人捕菟感現報語 第廿八

今昔、大和国□□郡に住人有けり。心猛くして、永く哀びの心無かりけり。只好て昼夜に生命を殺す事を業としけり。

而る間、其の人、野に出て菟を捕て、生乍ら菟の皮を剥て、体をば野に放ちけり。

其の後、幾く程を経ずして、毒の瘡、身に遍して、膚乱れ爛れて、痛み悲む事限無し。医師を呼て、薬を以て療治すと云へども、叶ふ事無くして、日来を経て、遂に死にけり。

此れを見聞く人、「此れ他の事に非ず。彼の菟を殺せるに依て、現報を蒙る也」とぞ、云ひ謗ける。

此れを思ふに、殺生は人の遊び戯れの態なれども、生類の命を惜む事は、人には増(まさ)る也。然れば、我が命を惜むを以て、彼れが心に准(なぞら)へて、永く殺生をば止むべしとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku20-28.txt · 最終更新: 2016/03/15 22:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa