Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第26話 白髪部猪麿打破乞食鉢感現報語 第廿六

今昔、備中の国小田の郡に、白髪部の猪麿と云ふ者有けり。心邪見にして、三宝を信ぜず、又、人に物を与ふる心無かりけり。

而る間、乞食の僧有て、猪麿が家に至て、物を乞ふ。猪麿、物を施さずして、乞食を詈り打て、其の乞食の持たる鉢を打破て、追ひ去けつ。

其の後、要事有て、他の郷に行く間、途中にして、俄に雨降り、風吹く。然れば、行く事能はで、暫く人の倉の有る下に立寄て、雨風の止を待つ間に、其の倉、俄に倒れぬ。然れば、猪丸、打ち圧(お)されて死ぬ。

「妻子・眷属に思ふ事も云ひ置かずして、思ひ懸けずして死ぬるは、此れ他に非ず、乞食に物を施さずして、詈り罸(うち)て、鉢を打破れる咎也」と知て、此れを見聞く人、皆現報を感ぜる事をぞ謗ける。

然れば、乞食を見ては、喜て多少を嫌はず、急て物を施すべし。何に況むや、詈り罸む事をば、努々止むべし止むべし1)。乞食と云へども、皆三宝の内也。其の中にも、乞食の中にこそ、古も今も仏菩薩の化身は在(いますと)なむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「可止々々諸本可止トノミアリ」
text/k_konjaku/k_konjaku20-26.txt · 最終更新: 2016/03/15 01:49 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa