Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第25話 古京人打乞食感現報語 第廿五

今昔、古京の時に、一人の人有けり。心愚にして、因果を信ぜざりけり。

而る間、乞食の僧有て、其の人の室に至れり。其の人、乞食を見て、嗔を成して打むと為れば、乞食、逃て、田の水の中に走り入るを、此の人、追て打つ時に、乞食、持(たも)つ所の呪を誦して、「本尊助け給へ」と念ず。

而る間、此の人、忽に縛られぬ。然ば、俄に東西に走転(くるめき)て、倒れ迷ふ。乞食の僧は、逃て去ぬ。

其の人に二人の子有けり。父が縛られたるを見て、「此れを助けむ」と思て、僧の坊に行て、貴き僧を請ずるに、僧の云く、「何に依て請ずるぞ」と。此の由を具に答ふるに、僧、此れを恐れて行かず。然れども、二人の子、父を助けむが為、強に敬て請ずれば、僧、憖に行ぬ。其の間に、父、狂ひ迷ふ事限無し。

而るに、僧、法花経の普門品の初の段を誦しければ、忽に縛解かれにければ、父、心を至(いた)し、信を発して、僧を礼拝しけり。二人の子、又喜て、礼拝恭敬しけり。

然れば、努々乞食を慢(あなづ)り打つ事、戯にても止むべしとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku20-25.txt · 最終更新: 2016/03/14 02:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa