Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第21話 武蔵国大伴赤麿依悪業受牛身語 第廿一

今昔、武蔵の国多摩の郡の大領として、大伴の赤麿と云者有けり。天平勝宝元年と云ふ年の十二月十九日に、忽に赤麿死す。

次の年の五月七日、其の家に、黒斑なる犢生れたり。其の牛の背に、碑の文有り。云く、「赤麿は寺の物を恣に借用して、未だ返し納めずして死ぬ。此の物を償はむが為に、牛の身を受たる也」と。

而るに、赤麿が眷属・同僚等、此れを見聞て、恐ぢ恐るる事限無し。「罪を造つれば、必ず其の報ひ有り。此れ必ず記すべき事也」と云て、此の録をして、同年六月の一日に、諸の人を集めて、此の録を伝へ見しむ。

諸の人、此れを見て、本より懺悔の心無き者は、此れを見て、始めて心を改めて、善を行ず。本より因果を知れる輩は、弥よ心を染て、悪を止めけり。

実に、此れを思ふに、譬ひ銅の湯を飲むと云ふとも、人、寺の物をば食ふべからず。此れ、「極て罪有る事也」と知て、努々犯す事有るべからずとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku20-21.txt · 最終更新: 2016/03/12 02:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa