Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻20第16話 豊前国膳広国行冥途帰来語 第十六

今昔、文武天皇の御代に、膳(かしはで)の広国と云者有けり。豊前の国宮子の郡の小領也。其の人の妻、前に死て後、慶雲二年と云ふ年の九月十五日、広国忽に死ぬ。

而るに、三日を経て活(いきかへり)て、傍なる人に語て云く、

「我れ死し時に、使二人来れりき。一人は髪を挙たり。一人は髪を束ねたる小子也。我れ、此の二人に副て行く程に、二の駅を渡て行くに、路の中に大なる河有り。橋を渡せり。金塗を以て厳(かざ)れり。其れを渡て行くに、彼方に極ておもしろ1)き所有り。我れ、此の使に問て云く、『此れ何なる所ぞ』と。使の云く、『渡れる南の国2)也』と。

而る間、其の所に、八の官人有り。皆釼を佩たる兵也。猶進み行ば、金の宮有り。門に入て見れば、王、在ます。黄金の座に居給へり。王、広国を見て、問て宣はく、『今、汝を召つる事は、汝が妻の愁へ申せるに依る也』と。然れば、即ち妻を召たり。此れを見れば、我が昔の死せる妻也けり。鉄釘3)を以て、頂に打り。釘の尻、額に通る。額に打てる釘は、頂に通る。又、鉄4)の縄を以て、四の枝を縛て、八人して懸挙て、将来れり。

王、広国に問て宣はく、『汝、此の女をば知れりや否』と。広国、申さく、『此れ、我が昔の妻也』と。王、又宣く、『此の罪を蒙れるをば知れりや否』と。広国、申さく、『我れ知らず』と。

然れば、女に問ふに、女、答て云く、『我れ昔し死せし時、汝、我を5)惜しまずして家より出し遣しが故に、我れ其れを恨て愁へる也」と。王、此れを聞て、広国に宣はく、『汝ぢ、罪無かりけり。速に家に還るべし。汝が妻、死し時の事を以て猥に愁ふ、当らず』と宣ふ。又宣く、『若し汝が父を見むと思はば、此より南方に行て見るべし』と。

然れば、行て見るに、実に我が父在り。甚だ熱き銅の柱を抱かしめて立ちたり。鉄の釘卅七を其の身に打立たり。又鉄の杖を以て、朝に三百段、昼三百段、夕に三百段、合て九百段、日毎に打迫(うちせ)む。広国6)、此れを見て、悲て、父に問て云く、『君、何なる罪を造て、此の苦を受給へるぞ』と。父の云く、『我れ、此の苦を受る事、汝知れりや。我れ生たりし時、妻子を養はむが為に、或は生命を殺し、或は八両の綿を人に借して、強に十両に倍して責め取り、或は小さき斤の量を以て稿7)を人に借して、大斤を以て徴(はた)り取り、或は人の物を奪ひ取り、或は他の女を奸犯し、或は父母に孝養せず、師長を敬はず、或は奴婢に非ざる者を奴婢と称して詈り打つ。此の如の罪の故に、我が小さしと云へども、卅七の釘を打立てられて、日毎に九百段の鉄8)の杖を負て、打迫めらる。痛哉、悲哉。何ならむ時にか、我が此の罪を免されて、安き身を得む。汝ぢ、返て、速に我が為に仏を造り、経を写て、我が罪を除く事を得しめよ。又、我れ、大蛇として、七月の七日に汝が家に入し時、汝、杖を以て懸て棄てき。又、我れ、赤き犬として、五月の五日、汝が家に入し時、汝、他の犬を呼て咋はしめて、打追しかば、飢て還にき。又、我れ、狸(ねこ)として、正月の一日に汝が家に入し時、飯及び種々の味物を与へて、食ひ飽かしめたりき。其れを以て、三年の粮を継ぐ。又、我れ、兄弟の上下の次第無して、理を失へりしが故に、犬と成て、不浄の物を噉て、返て自ら其の汁を出せり。我れ、必ず赤き犬と成るべし。凡そ、人、米一升を人に施せりし報に、卅日の粮を得たり。衣服一具を人に施せりし報に、一の衣服9)を得たり。経を読ましめたりしに依て、東方の金宮に住し、願に随て天に生る。仏菩薩の像を造らむば、西方の極楽に生れむ。放生を行ぜば、北方の浄土に生れむ。一日持斎せば、十年の粮を得む』

此の如く、善悪の業を造て、受る所の報を見て、□て恐々る返来て、本の大橋の本に至ぬ。

而るに、守門の者、庭の前に有て云く、『此の内に入ぬる者は、更に返出る事無し』と。然れば、広国、暫く徘徊の間、、一人の小子出来れり。守門の者(も)の、此の小子を見て、跪て礼す。小子、広国を呼て、片方の脇門に将至て、其の門を押開て、広国を将出しつ。小子、広国に告て云く、『汝、速に此より行くべし』と。広国、小子に問て云く、『汝は此れ誰が子ぞ』と。小子、答て云く、『汝ぢ、我を知らむと思はば、汝が幼稚の時に写し奉し所の観世音此れ也』と云て、還入ぬと見る程に、即ち活れり」と。

其の後、広国、冥途にして見し所の善悪の報を、委く録して、世に流布せる也。人、此れを知て、悪を止て、善を修すべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本言偏に慈
2)
底本頭注「渡レル南ノ国霊異記度南国ニ作ル」
3) , 4) , 8)
「鉄」底本異体字、「䥫」
5)
底本頭注「我ヲノ下一本否字アリ」
6)
底本「広」空白。脱字とみて補入。
7)
底本、「稿」の右に疑問符。頭注「稿ハ稲ノ誤カ」
9)
底本頭注「一ノ衣服一本一人ノ衣服ニ作リ、霊異記一年ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku20-16.txt · 最終更新: 2016/03/10 23:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa