Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第7話 婢依迦旃延教化生天報恩語 第(七)

今昔、天竺の阿般提国に一人の長者有けり。家、大に富て財多し。而るに、其の人、慳貪深くして慈悲無し。

其の家に一人の婢有り。少(いささか)の過有て、長者、此れを打ち縛りて、倉に籠て、衣を着せしめず、食を与へずして、僅に少の水許を与へて置たり。婢、悲て、音を挙て泣く。

其の時に、迦旃延、其の国に在して、其の婢の泣く音を遥に聞給て、其の所に行き至て、婢に語て宣はく、「汝が身貧くば、何ぞ其れを売らざる」。婢、答て云く、「誰か貧を買ふ者有らむ。貧を売るべくば、此れを売るべし。何にして売るべきぞ」と。迦旃延の宣はく、「汝ぢ、若し貧を売らむと思はば、我が言に随て、施を行ふべし。其れを以て貧を売る也」と。婢、尊者に申さく、「我れ、今貧窮にして、身の上に衣食無し。只、此の少水有り。此れ、主の許せる所也。此れを施せむに、何(いかに)ぞ」と。尊者の宣はく、「速に其れを施すべし」と。婢、「尊者の言ふに随ふべし」とて、鉢に入る所の水を、尊者の鉢に移し入れつ。

尊者、水を受て、婢の為に呪願して、次に戒を授け給て後、念仏を勧め給ふ。其の後、婢に問て宣はく、「汝ぢ、何なる所にか宿する」と。婢、答て云く、「我れ、舂き炊ぐ所に宿す。或は又、糞の所に有り」と。尊者の宣はく、「汝ぢ、其の主の臥たらむを伺て、窃に戸を開て、其の戸より入て、草を敷て坐しめて、仏を観じて、悪念を成す事無からしめむ」と。

婢、夜に至て、尊者の教の如く、戸を開て、入て、草に坐して、仏を観じ、悪心を発さずして死ぬ。即ち、忉利天に生れぬ。

長者、暁に婢の死せるを見て、大に瞋恚を発して、人を遣て、縄を以て足に付て、寒林の中に引き棄てつ。婢、天に生て、天眼を以て、我が旧き身を見て、即ち五百の天子を引将て、香・花を以て其の寒林の中に下り至て、香を焼き、花を散じて、尸骸を供養す。又、光明を放て、林を照す。長者及び、遠く近き人、林に至て、此の事を見る。長者、語て云く、「何の故有て、此の婢の死せる尸骸をば供養するぞ」と。天子、答て云く、「此の尸骸は、此れ我が旧き身也」と云て、天に生れし本縁を語る。長者、此れを聞て、「奇異也」と思ふ。

天子、其より迦旃延の所に至て、香を焼き、花を散じて、尊者を供養して、恩を報ず。尊者、二天の為めに法を説き給ふ。五百の天子、此れを聞て、皆須陀洹果を得て、皆天上に返けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku2-7.txt · 最終更新: 2016/05/15 21:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa