Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第5話 仏人家六日宿給語 第(五)

今昔、仏1)、舎衛国にして、人の家に行給て、六日宿し給て、供養を受給ふ。

七日と云ふ朝に、還り給なむと為るに、天陰り風吹きて、洪水、山河に出たり。家の主、仏に白して言さく、「今日、留り給へ。雨風の有難く、亦、同くは七日と2)供養し奉らむ」と。

舎利弗・目連・阿難・迦葉等の御弟子も、「今日は留り給へ」と申し給ふに、仏、説て宣はく、「否や。汝等、極て愚也。一言の詞を交へ、一宿の契を成す事は、皆是れ前世の業因也。家の主、善く聞け。汝ぢ、先生に人と生れたりしに、人に捨られて、寒の為に死ぬべかりき。其の時に、我れ、汝を取て、身に付て、六日が間温めて、命を助けき。七日と云ふ朝に、汝ぢ、寒さに堪へずして、遂に死にき。其の故に、我れ汝が家に、六日宿して供養を受く。此れに依て、我れ、今日此の家に留まるべからず」と宣て、耆闍崛山に還り給ひぬ。家の主及び、御弟子達も、此の事を聞て、貴ぶ事限無し。

然れば、「一言一宿も、皆前世の契り也」と知りぬとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
2)
底本頭注「七日ノ下一本ト字ナシ」
text/k_konjaku/k_konjaku2-5.txt · 最終更新: 2016/05/15 01:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa