Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第40話 曇摩美長者奴富那奇語 第(四十)

底本、欠文。標題もなし。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。

今昔、天竺に放鉢国と云ふ国有り。其の国に一の長者有り。名をば曇摩美と云ふ。家、大に富て、国の中の第一の人也。二人の子有り。兄をば美那と云ふ。弟をば勝軍と云ふ。又、其の家に一の婢(やつこ)有り。長者を養ひ、家業を助くる者也。其の婢、一の男子有り。名をば富那奇と云ふ。

而る間、長者死ぬ。其の後、此の富那奇、二(ふたり)の子の中に、兄の美那に属せり。其の人、又、家大きに富て、父の長者に勝れたり。

然るに、富那奇、出家を求るに、心有て、美那に此の事を請ふ。美那、此れを聞て、出家を許しつ。富那奇、既に出家して、道を修して、終に羅漢果を得たり。

其の後、美那の家に来り。勧めて云く、「仏1)の御為に堂を造」と。美那、勧めに随て、栴檀を以て堂を造りつ。富那奇、又勧めて云く、「仏け、及び比丘僧を請じて、供養し奉れ」と。美那、問て云く、「仏、及び比丘僧を請ぜむ、何れの時ぞ。程遥にして、輙く来り給はむに能はじ」と。

其の時に、富那奇、美那と共に高楼に昇て、香を焼て、遥に仏の御方に向て、仏を請じ奉る。仏、空に其の心を知り給て、諸の御弟子等を引具して、神通に乗じて来給て、金の床に坐し給へり。然れば、美那、種々の飲食を以て、仏及び比丘僧を供養し奉る。食畢て後、仏、為に法を説く。国の人民、挙り来て、家の上下の男女、皆法を聞て道を得つ。

其の時に、阿難、此を見て、仏に白して言さく、「此の富那奇、昔、何なる罪を造て、今、人に随て奴と成り、又、何なる福を殖て、仏に値奉て、道を得るぞ」と。

仏、阿難に告て宣はく、「乃往過去の迦葉仏の時に、一の長者有りき。比丘僧の為に寺を造て、飲食・衣服・臥具・医薬の四事を以、供養して、貧き事無からしめき。而に、長者死して後、其の寺破れ荒れて、人住まず。衆僧、皆散々に去ぬ。

長者の子有り。出家して道を学びき。名をば自在と云ふ。此の如く、寺の破れ荒れたるを見て、諸の人を勧めて、寺を修治しき。其の時に、僧、返り住して本の如く也き。其の住する僧の中に、羅漢の比丘有て、寺の庭の塵を払清むる間、長者の子の比丘有て、此の羅漢の比丘を故無くして罵詈しき。昔の長者の子の比丘と云は、今の富那奇此れ也。羅漢の比丘を罵詈せしに依て、五百世の中、常に人に随て、奴と成れる也。又、昔し諸の人を勧めて寺を修治せしが故に、前の罪を償ひ畢て後、我れに値て、道を得る也。今、此の座に有て、道を得たる国の人民、家の上下の人は、皆此れ昔し勧めを得て、寺を修治せし人也」と説給けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku2-40.txt · 最終更新: 2016/06/20 15:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa