Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第38話 天竺祖子二人長者慳貪語 第(卅八)

底本、欠文。標題もなし。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。

今昔、天竺に二人長者有り。祖子(おやこ)也。父も子も共に、家、大に富て、財宝豊也。但し、慳貪深くして、敢て施の心なし。自然ら、乞丐、家に来れば、門の内に入れずして、人を以て追ひ掃はす。

而る間、父の長者、身に病を受て、幾(いくばく)の程を経ずして死ぬ。其の国の内に、目盲(しひ)たる乞丐の女有り。此の長者、其の乞丐の腹に宿ぬ。月満て、既に産せり。其子、又盲たり。年月を経て七歳に成ぬ。母も子も共に乞丐をして命を養ふ。

子、乞丐をして行く程に、自然ら彼の長者の家に至ぬ。其の家の守門の者、白地(あからさま)に行たる間にて、追ふ人も無くて、此の乞丐、家の内に入て、南面に立てり。長者、此を見て、瞋恚を発して、追ひ払はす。

其の時に、守門の者、返来て、此の乞丐を見て、一の手を牽て、遠く投げ遣る時に、地に倒れて、一の手折れ、頭破れぬ。音を挙て叫ぶ時に、母の乞丐、子の叫ぶ音を聞て、迷ひ来て、子を抱て哭き悲ぶ事限無し。

其の時に、仏1)、此を哀て、其の所に来り給て、乞丐に告て宣はく、「汝ぢ、善く聴け、汝が此れ此の長者の父也。前生に慳貪深くして、人の物を施する心無く、乞丐を強に追しに、今此の報を得たる也。此の苦は甚だ軽し。此の後、地獄に堕て無量劫の間、苦を受べし。哀れなるかな」と宣て、立寄て頭を撫給ふに、乞丐、二の目開ぬ。

仏の説き知しめ給ふを聞て、「我れは此の長者の父にて有し時、慳貪深くして、施の心無く、乞丐を追し罪に依て、今、子の家に来て、此の苦に遇へる也けり」と知ぬ。然れば、此の事を悔ひ悲むで、仏に向奉て、礼拝恭敬して懺悔せしかば、罪を報る果報を得たりと、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku2-38.txt · 最終更新: 2016/06/19 19:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa