Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第37話 満足尊者至餓鬼界語 第(卅七)

底本、欠文。標題もなし。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。

今昔、仏1)の御弟子満足尊者、神通を以て、餓鬼界に行て、一の餓鬼を見る。其の形、極て恐怖(おそろ)しくして、毛竪(よだ)ち、心迷(まど)ひぬべし。身より火を出して、大なる事数十丈、或は眼・鼻・身体・支節より焔(ほのほ)を放つ、長さ数十丈。又、唇口垂れて、野猪の如し。身体の縦広一由旬也。手を以て、自ら手を爴て、音を挙て㘁(よば)ひ叫て、東西馳走す。

尊者、此を見て、餓鬼に問て云く、「汝ぢ、前世に何なる罪を造て、今、此の苦を受たるぞ」と。

餓鬼、答て云く、「我れ、昔し人と生れて、沙門と成れりと云へども、房舎を執着して、慳貪を捨てざりき。豪族を恃むで悪言の事を出し、若は、持戒する精進の比丘を見ては、輙く罵り恥しめて、服を廃き。其の罪の故に、此の苦を受く。然れば、『利刀を以て、自ら其の舌を割らむ』と思ふ。一日も精進持戒の比丘を罵り謗る事無かれ。若し尊者、閻浮に返り給はむ時き、我が形を以て、諸の比丘に告て、善く口の過を助けて、妄語を出す事無かれ。持戒の人を見ては、其の徳を敬ひ思ふべし。我れ、此の餓鬼の形に生て以来(このかた)、数千万歳此の苦を受く。又、此の命尽てば、地獄に堕つべし」と云畢て後、㘁(よば)へ叫むで、身を地に投ぐ。其の音、大山の崩るるが如とし。天振ひ、地動(とどろ)く。

此れ、口の過に依て受る所の悪業也。尊者、閻浮に返て、語り伝へ給ふ也けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku2-37.txt · 最終更新: 2016/06/18 17:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa