Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第35話 天竺異形天人降語 第(卅五)

底本、欠文。標題もなし。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。

今昔、天竺に一人の天人降たり。其の身、金色也。但し、頭は猪の頭也。諸の不浄所生の類を求め食す。

諸の人、此の天人を見て、奇異の思を成して、仏1)に白して言さく、「此の天人、前世に何なる業有てか、身の色金色也と云へども、頭は猪の頭也、諸の不浄所の類を求め食する」と。

仏、説て宣はく、「此の天人は、過去の九十一劫の時、毗婆尸仏と申仏、世に出給へり。其の時に、此の天人、女人と生れて、人の妻と有りき。其の家に沙門来て、乞食しき。夫、『金を施せむ』と云ひしに、妻、慳貪なるが故に、心を誤まり、面を赤めて、瞋恚を発して、夫の乞食に金施する事を止てき。其の罪に依て、其の妻、九十一劫の間、此の果報を得たる也。又、身の金色なる事は、其の沙門に値て、一度腰を曲(かがめ)て礼拝しき。其の功徳に依て、金色の身を得て、光を放つ也。然れば、天に生たりと云へども、悪業の残れる所、此の如き也」と説給けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku2-35.txt · 最終更新: 2016/06/18 14:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa