Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第3話 仏報病比丘恩給語 第(三)

今昔、祇薗精舎に一人の比丘有り。身に重き病を受て、五六年が間、辛苦悩乱す。悪瘡膿(うみ)血流れて、大小便利の潤ひ臭く穢たり。然ば、人、此れを灢(きた)なむで、皆近付かず。居たる所も、悉く朽ち壊(こぼれ)たり。

仏(釈迦)、此の人を見て、哀び給て、阿難・舎利弗等の五百の御弟子等を皆他所に遣て、彼の比丘の所に行て、五の指より光を放て、遠く照し給ふて、比丘に宣はく、「何ぞ、汝に相ひ副へる人無き」と。比丘、答て云く、「年来の病に依て、相副へる人無し」と。

其の時に、帝釈、其所に来て、宝瓶に水を入て仏に奉る。仏、紫磨黄金の御手を以て此れを受て、右の手を以て灌ぎ洗て、左の手を以て身の瘡を摩で給ふに、御手に随て、病𡀍1) (い)えぬ。仏の宣はく、「汝ぢ、昔し我れに恩有りき。今、我れ来て報ずる也」とて、為に法を説給ふ。比丘、即ち阿羅漢果を得つ。

其の時に、帝釈、仏に問奉て云く、「何の故に、此の病比丘の恩を報じ給ふぞ」と。仏、帝釈に告て宣はく、「過去の無量阿僧祇劫に国王有りき。財(たから)を要するが為に、無道に一の人を密に語て云く、『汝ぢ、若し人有て、公物を犯す事有らば、罸(つみ)すべし。其の財物をば、我れと共に取らむ』と契りつ。其の人の名をば伍百と云ふ。其の時に、一の優婆塞有り。邪に公物を犯す。伍百に付て、此れを罸するに、此の優婆塞、善を行ずる人と聞て、伍百、此れを罸せず。優婆塞、免るる事を得て、喜て去にき。其の時の伍百と云ふは、此の病比丘尼此れ也。其の時の優婆塞と云は、今我が身此れ也。此の故に、我れ来て恩を報ずる也」と説給けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
口へんに愈
text/k_konjaku/k_konjaku2-3.txt · 最終更新: 2016/05/10 18:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa