Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第29話 舎衛国群賊殺迦留陀夷語 第(廿九)

底本、欠文。標題もなし。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。

今昔、天竺の舎衛国に一人の婆羅門有り。殊に道心有て、常に迦留陀夷羅漢を供養す。婆羅門に一人の子有り。父の婆羅門、死ぬる時に臨て、子の婆羅門に語て云、「汝ぢ、我れに孝養の志有らば、我が死なむ後に、我が如くに此の大羅漢を供養し奉て、努々愚に□□無かれ」と。其の詞終らざるに、即ち死にぬ。

其後、子の婆羅門、深く父の遺言を信じて、寧(ねんごろ)に此羅漢を供養して、昼夜に帰依する事限無し。而る程に、婆羅門、要事有て、遠く行かむと為るに、妻に語て云く、「我が外に有らむ間、此の大羅漢、心に入れて供養し奉るべし。努々乏き事無からしめよ」と云置て、遥に遠き所へ趣ぬ。

其の間、此の婆羅門の妻、形貌端正にして、限無き婬女にて有ければ、国の五百の群賊の中に、一人有て、此の婆羅門の妻の美麗なるを見て、愛染の心を発して、密に招取て、終に其の本意を遂つ。

其の事を、此の大羅漢、自然(おのづから)に見つ。妻有て、此の事を、羅漢、夫に語らむ事を恐れて、賊人を教へて、此の羅漢を殺しつ。

波斯匿王、此事を聞て云く、「我が国の内に、彼貴く止事無かりつる証果の聖人の大羅漢、婆羅門の妻の為に殺されぬ」と歎き悲むで、大に嗔て、五百の群賊を捕て、手足を切り、頸を切て、皆殺しつ。婆羅門の妻をも殺しつ。其の家の近辺、八千余家を、悉く亡し失つ。

其の時に、仏1)の御弟子、諸の比丘、此れを見て、仏に白して言さく、「迦留陀夷、前世に何なる悪を作て、婆羅門の妻の為に殺されて、此の如くの大事を曳出たるぞ」と。

仏、諸比丘に告て宣はく、「迦留陀夷、乃往過去無量劫に、大自在天を祀る主と有き。五百の眷属と共に、一の羊を捕て、四足を切て、天に祀りき。其の罪に依て、地獄に堕て、隙無く苦を受く。其の時に殺されし羊は、今の婆羅門の妻此也。天を祀りし人は、今の迦留陀夷此れ也。昔の五百の眷属は、今の五百の群賊此也。殺生の罪、世々に朽ちずして、互に殺し、其の報を感ずる事此の如し。適に人と生れて、今羅漢果を得たりと云へども、于今、猶悪業の残れる所の罪を感ぜる也」と説き給ひけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku2-29.txt · 最終更新: 2016/06/07 21:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa