Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第23話 樹提伽長者福報語 第(廿三)

今昔、天竺の国王の宮の前に、大なる事車輪の如なる、花及び手巾、自然ら降る。国王、此れを見て、諸の大臣・公卿と共に喜て云く、「此れは、天の此の国を感じ給て、天の花・天の手巾を降し給也」と、喜び合たり。

其(そこ)に、其の国に一人の長者有り。樹提伽と云ふ。此の人、此の事を喜ばず。然れば、国王、問て云く、「何ぞ、此の事を見て、汝一人、喜ばざるぞ」と。長者、答て云く、「此の花は、我が家の後の薗に多く開け栄(さき)たる花の中に、落て萎たるを、自然ら風の吹き持来たる也。又、宝の手巾多かるが、中に下劣なるを、自然ら風の吹き来れる也」と。此れを聞て、国王より始め、大臣・公卿、奇異の思を成す。

此れに依りて、国王・大臣・公卿・百官を引将て、樹提伽長者の家に行て、「此の如きの不思議の事を見む」と思て、先づ長者に云く、「汝ぢ、前立て、家に行くべし。我れ、汝が家に行くべし。其の儲を営むべき也」と。長者の云く、「我が家には、衣服・財宝・宮殿等、皆自然ら有る事也。更に前立て御儲を営むべからず」と。国王、此れを聞て、弥よ「奇異也」と思給ふ事限無し。

かくて、国王、長者の家に行て見れば、門の外に四人の女有り。端正美麗なる事限無し。国王、問て云はく、「汝は誰人ぞ」と。女の云く、「我は、此れ外門を守る奴婢也」と。此の如くして、三重の門を過て、庭の中に至て見るに、水銀を以て地に敷たりければ、国王、此れを「水ぞ」と思給て、「水には何でか下むと為(す)」と思て、入給はず。然れば、長者、「此れは水銀を地に敷て候が、水と見ゆる也」と申して、前立て入る。然れば、国王も共に入給ぬ。

其の時に、長者の妻、国王の入給ふを見て、百廿重の金銀の帳の中より出でて、泣涕す。「国王の来給を見て、喜て哭(なく)なめり」と思ふに、早う、烟の気に堪へずして哭く也けり。

かくて、自然(おのづから)の飲食を以て、大王并に若干の人に食はしむ。夜は光る玉を懸て、灯を為ず。只、自然に光り有り。

而る間、国王、長者の家を巡り見給ふ程に、自然ら数日を経ぬ。然れば、王宮より使来て、還御の遅き事を奏す。此れに依て、国王、速く還り給はむと為るに、長者、庫倉を開て、多の財宝を取出て、国王に与へ奉る。

国王、此れを得て、宮に還て、大臣・公卿と議して云く、「樹提伽は此れ我が国の臣也。何ぞ、皆悉く我れに勝れたるぞ。然れば、長者を罸つべき也」と定めて、四十万人の軍を発して、長者の家を囲む時に、長者の家を守る一の力士有り。軍の来るを見て、忽に出来て、鉄の桙を持て、四十万の官兵を罸つ。軍さ、悉く皆罸伏せられて、倒れ臥しぬ。

其の時、樹提伽、宝車に乗て、空より飛来て、軍に問て云く、「汝等の軍は、何の故に我が家には此れるぞ」と。軍等、答て云く、「我等、大王の勅命に依て来れる也」と。長者、来れを聞て、哀(あはれび)の心を成す。此れに依て、力士、多の軍を皆本の如く平復せしめて、宮に返て、大王に此の由を申す。

其の時に、大王、長者の神徳を聞て、使を遣て、長者を喚て、其の咎を謝して云く、「我れ、汝が徳を知らずして、愚に汝を罸せむとしけり。願くは、此の咎を免し給へ」と宣て、国王、長者と共に宝車に乗て、仏1)の御許に詣でて、大王、仏に白して言さく、「樹提伽、前世に何なる善根を殖て、此の如きの果報を得たるぞ」と。

仏の説て宣はく、「樹提伽は前世の布施の功徳に依て、此の報を得たる也。前世に五百の商人と共に、諸の財を以て山を通りき。山の中に一人の病人有りき。此の人、此れを哀て、忽に草の庵を造りて、床を敷き、食を与へ、灯を明して、養育しき。其の功徳に依て、今、樹提伽、此の報を得たり。其の時の布施の功徳の人は、今の樹提伽長者也」と説給ければ、国王、此れを聞て、「貴し」と思て返にけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
text/k_konjaku/k_konjaku2-23.txt · 最終更新: 2016/06/01 15:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa