Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻2第2話 仏為摩耶夫人昇忉利天給語 第二

今昔、仏1)の御母、摩耶夫人は、生奉て後、七日に失せ給ひぬ。其の後、太子、城を出て、山に入て、六年苦行を修して、仏に成給ひぬ。四十余年の間、種々の法を説て、衆生を教化し給ふに、摩耶夫人は失せ給て、忉利天に生れ給ひぬ。

然れば、仏、母を教化せむが為に、忉利天に昇り給て、歓喜薗の中に波利質多羅樹の本に在しまして、文殊を使として、摩耶夫人の御許へ奉給て宣はく、「摩耶夫人、願くは、今我が所に来り給ひて、我を見、法を聞き、三宝を恭敬し給へ」と。文殊、仏の勅を教受て2)、摩耶夫人の所に行き給て、仏の御言を伝しめ給ふに、摩耶夫人、仏の御言を聞き給ふ時に、我が乳の汁、自然ら出づ。摩耶夫人の宣はく、「若し我が閻浮提にして生ぜし所の悉駄に御まさば、此の乳の汁、其の口に自然ら至るべし」と宣て、二の乳を搆(しぼ)り給ふに、其の汁、遥に至て、仏の御口の中に入ぬ。摩耶、此れを見て、喜び給ふ事限無し。

其の時に、世界、大に震動す。摩耶3)、文殊と共に仏の御許に至り給ひぬ。仏け、母の来り給ふを見給ひて、又喜び給ふ事限無し。母に向て申し給はく、永く涅槃を修して、世間の楽苦4)を離れ給へ」と。摩耶の為に法を説き給ふ。又、法を聞て、宿命を悟て、八十億の煩悩を断じて、忽ちに須陀洹果を得給つ。摩耶、仏に白して言さく、「我れ既に生死を離れて、解脱を得たり」と。

時に、其の座の大衆、此の事を聞て、皆異口同音にして仏に白して言さく、「願くは、仏、一切衆生の為に、法を説給へ」と。此の如くして、三月忉利天に在ます。

仏、鳩摩羅に告て宣はく、「汝ぢ、閻浮提に下て語るべし。『我れは、久しからずして、涅槃しなむとす』」と。鳩摩羅、仏の教へに随て、閻浮に下て、仏の御言を語るに、衆生、皆此れを聞て、愁へ歎く事限り無くして云く、「我等、未だ仏の在ます所を知らざりつ。今、忉利天に在すと聞く。喜び思ふ所に、久しからずして涅槃に入り給ひなむと為(する)なり。願はくは、衆生を哀び給はむが為に、速く閻浮提に下り給へ」と。

鳩摩羅、忉利天に返昇て、衆生の言を仏に申す。仏、此の言ばを聞き給て、「閻浮提に下なむ」と思す。

爰に天帝釈、仏の下り給はむと為を、空に知(しろ)して、鬼神を以て、忉利天より閻浮提に三の道を造らしむ。中の道は閻浮檀金、左の道は瑠璃、右の道は馬瑙(めなう)、此等を以て、各厳(かざ)れり。

其の時に、仏、摩耶に申し給はく、「生死は必ず別離有り。我れ、閻浮提に下て、久しからずして涅槃に入るべし。相ひ見む事、只今許也」と。摩耶、此れを聞て、涙を流し給ふ事限無し。仏と母と別れ給て、宝の階を歩て、若干の菩薩・声聞大衆を引将て、下り給ふに、梵天・帝釈・四大天王、皆左右に随へり。其の儀式、思ひ遣るべし。

閻浮提には、波斯匿王を始て若干の人、仏の階より下り給ふを喜て、階の本に皆並居たり。仏は階より下り給ぬれば、祇薗精舎に返り給ひにけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
2)
底本頭注「勅ヲ教受テ一本教勅ヲ受テニ作ル」
3)
底本頭注「摩耶ノ下一本夫人トアリ下同ジ」
4)
底本頭注「楽苦一本苦楽ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku2-2.txt · 最終更新: 2016/05/10 12:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa