Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻19第44話 達智門棄子狗密来令飲乳語 第四十四

今昔、嵯峨の辺(わたり)などに行ける人にや有けむ、朝に達智門を過けるに、此の門の下に、生れて十余日許に成たる男子の糸清気なるを棄て置たり。見るに、「無下の下衆などには非ぬなめり」と見ゆ。筵の上に臥たるを見れば、未だ生て泣ければ、「糸惜し」と思けれども、怱ぐ事有て、此く見置て過にけり。

明る朝に返けるに、其の子、未だ生きて同じ様にて有り。此れを見るに、奇異(あさまし)く思ふ。「昨日、狗に食はれにけむ」と思ふに、「今夜ひも若干の狗に食はれざりける」と思て、守り立れば、昨日よりは□て、泣かで、筵の上に臥たり。此く見て、家に返りにける。

猶、此の事を思ふに、「糸有難き事也。未だ生たらむや」と思て、次朝(あくるあさ)に行て見れば、猶生きて同様にて有り。其の時に、男、極て心得ず、「此れは、様有る事ならむ」と思て返ぬ。

猶、此の事の不審(おぼつかな)く思ひければ、夜に入て、窃に達智門に行て、築垣の崩に隠れて見るに、□□の程、多く狗有れども、児の臥たる当にも寄らず。「然ればこそ、此れは様有る事也けり」と、奇異く見る程に、夜打深て、何方より来るとも無くて、器量(いかめし)く大きなる白き狗出来ぬ。他の狗共、来れを見て逃去ぬ。此の狗、此の児の臥たる所へ、只寄(ひたより)に寄れば、「早う、此の狗の、今夜、此の児をば食てむと為る也けり」と見るに、狗、寄て、児の傍に副ひ臥ぬ。吉く見れば、狗、児に乳を吸する也けり。児、人の乳を飲む様に、糸吉く飲む。男、来れを見て、「早う、此の児は、此の夜来、狗の乳を飲ければ、生て有ける也」と心得て、密に其の辺を去て、家に返ぬ。

次の夜、「亦、今夜もや、夜前(ようべ)の様に為る」と思て、亦行て見るに、夜前の如く、狗来て乳を飲せけり。亦、次の夜も、猶不審かりければ、行て見るに、其の夜は児も見えず、亦狗も来ざりければ、「夜前、人気色などを見て1)、外に将行にけるや」と思ひ疑て返にけり。其の後、其の有さまを知らで止にけり。

此れ、実に奇異の事也かし。此れを思ふに、其の狗、糸只者には非じ。諸の狗、此れを見て逃去けむは、然るべき鬼神などにや有けむ。然れば、定めて其の児をば、平かに養ひ立てけむ。亦、仏菩薩の変化して、児を利益せむが為に来り給たりけるにや。狗は然か慈悲有るべき者にも非ず。然れども、亦前生の契などの有けるにや。様々に此の事を思ふに、心得難し。

此の事は、彼の見ける男の語けるを聞き継て、此く語り伝へたるとや。

1)
「見て」は底本「見で」。文脈により訂正。
text/k_konjaku/k_konjaku19-44.txt · 最終更新: 2016/02/29 21:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa