Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻19第40話 検非違使忠明於清水値敵存命語 第四十

今昔、忠明と云ふ検非違使有けり。若男にて有ける時、清水の橋殿にして、京童部と諍をしけり。

京童部、刀を抜て、忠明を立籠めて殺さむとしければ、忠明も刀を抜て、御堂の方様に逃るに、御堂の東の妻に、京童部数(あまた)立て向ければ、其の方へ否(え)逃げずして、蔀の本の有けるを取て、脇に挟て、前の谷に踊り落るに、蔀の本、風に渋かれて、谷底に鳥の居る1)様に、漸く落入にければ、其より逃て去にけり。京童部は谷を見下して、奇異(あさまし)がりてなむ、立並て見ける。

忠明、京童部の刀を抜て立向ける時、御堂の方に向て、「観音助け給へ」と申ければ、偏に「此れ、其の故也」となむ思ひける。

忠明が語けるを聞き継て、此く語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「居ルハ下ルノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku19-40.txt · 最終更新: 2016/02/27 21:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa