Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻19第38話 比叡山大鐘為風被吹辷語 第卅八

今昔、比叡の山の東塔に、大鐘有けり。高さ八尺廻り也。

而る間、永祚元年己丑八月の十三日、大風吹て、所々の堂舎宝塔・門々戸々を吹倒しけるに、此の大鐘を吹辷(ふきまろ)ばして、南の谷に吹落してけり。最初の房の棟・板敷を打切て、谷様に辷て、次々の房共同じく打抜つつ、七つの房を打倒して、南の谷底に落入にけり。

夜半許の事なれば、此の房共に、人皆寝入たる程也。其れに、人一人損ぜざりけり。其の此の希有の事になむ、云ひ喤ける。

「山の三宝の加護に非ずば、其の房々の人、生くべきに非ず」と云てぞ、貴び礼みけるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku19-38.txt · 最終更新: 2016/02/27 15:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa