Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻19第27話 住河辺僧値洪水棄子助母語 第廿七

今昔、□□の比、高塩上りて、淀河に水増(まさ)りて、河辺の多の人の家流ける時に、年五六歳許にて、色白く形ち端正にして、心ばへ厳かりける男子を持て、片時も身を離れず愛する法師有り。

而る間に、其の水に、此の法師の家、押し流されにけり。然れば、其の家に年老たりける母の有けるをも知らず、此の愛する子をも知らずして、騒ぎ迷けるに、子は前に流れて、母は一町許下て、浮び沈みして、流下けるに、此の法師、色白き児の流れけるを見て、「彼れは我が子なめり」と思て、騒ぎ迷て、游を掻て、流れ合て見るに、我が子にて有れば、喜び乍ら、片手を以て子を提て、片手を以ては游を掻て、岸様に来り着むと為る程に、亦、母、水に溺れて流れ下るを見て、二人を助くべき様は無かりければ、法師の思はく、「命有らば、子をば亦も儲てむ。母には、只今別れなば、亦値ふべき様無し」と思て、子を打棄て、母の流るる方に掻き着て、母を助けて、岸に上せつ。

母、水呑て、腹脹(ふくれ)たりければ、疏(つくろ)ひ助つるに、妻、寄り来て云く、「汝は奇異(あさまし)き態しつる者かな。目は二つ有り。只、濁り有て、白玉と思つる我が子を殺して、朽木の様なる嫗の、今日明日死ぬべきをば、何に思ひて取り上げつるぞ」と、泣き悲むで、云ければ、父の法師、「現に云ふ事理なれども、明日死なむずと云とも、何でか、母をば子には替へむ。命有らば、子は亦も儲てむ。汝ぢ、歎き悲む事無かれ」と、誘(こしら)ふと云へども、母の心止むべきに非ずして、音を挙て泣き叫ぶ程に、母を助たる事を、仏、「哀」とや思食けむ、其の子をも末に、人、取り上げたりければ、聞き付て、子をも呼び寄せて、父母相ひ共に限無く喜びけり。

其の夜、法師の夢に、見知らぬ止事無き僧来て、法師に告て宣はく、「汝が心、甚だ貴し」となむ、讃め給ふと見て、夢覚にけり。「実に有難き法師の心也」とぞ、此れを見聞く人、皆讃め貴びけるとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku19-27.txt · 最終更新: 2016/02/20 23:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa