Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻19第14話 讃岐国多度郡五位聞法即出家語 第十四

今昔、讃岐国多度の郡□□の郷に、名は知らず、源大夫と云ふ者有けり。心極て猛くして、殺生を以て業とす。日夜朝暮に山野に行て、鹿鳥を狩り、河海に臨て魚を捕る。亦、人の頸を切り、足手を折らぬ日は少くぞ有ける。亦、因果を知らずして、三宝を信ぜず、何に況や、法師と云はむ者をば、故らに忌て、当りにも寄らざりけり。此の如くして、悪(あしく)奇異(あさまし)き悪人にて有ければ、国の人も、皆恐てぞ有ける。

而る間、此の人、郎等四五人許を相ひ具して、鹿共多く取せて、山より返る道に、堂の有ける、人多く集りけるを見て、「此れは何事為る所ぞ」と問ければ、郎等、「此れは堂也。講を行にこそ侍るめれ。『講を行ふ』と云ふは、仏経を供養する事也。哀れに貴く侍る事也」と云ひければ、五位、「然る態を為る者有とは、髴(ほのか)に聞けれども、此く目近くは見ざりつ。何なる事を云ふぞ。去来(いざ)、行て聞かむ。暫く留れ」と云て、馬より下ぬ。

然れば、郎等共も、皆下て、「此れは何なる事せむずるにか有らむ。講師なむ捘ぜむずるにや。不便の態かな」と思ふ程に、五位、只、歩びに歩び寄て、堂に入れるを、此の講の庭に有る者共も、此る悪人の入来れば、「何なる事せむずるにか有む」と思て、恐ぢ騒ぐ。恐て出ぬる者も有り。

五位、並居たる人を押分て入れば、風に靡く草の様に、靡たる中を分け行て、高座の傍に居、講師に目を見合て云く、「講師は何なる事を云ひ居たるぞ。我が心に『現に』と思む許の事を云ひ聞せよ。然らずば、便無かりなむ者ぞ」と云て、前に差たる刀を押廻して居たり。

講師、「極めて不祥にも値ぬるかな」と恐くて、云ひつる事の終始も思えで、「引き落とされぬ」と思けるに、智恵有ける者にて、「仏け助け給へ」と念じて、答へて云く、「此より西に、多の世界を過て、仏在ます。阿弥陀仏と申す。其の仏、心広くして、年来罪を造り積たる人なりとも、思ひ返して、一度阿弥陀仏と申しつれば、必ず其の人を迎て、楽く微妙き国に、思ひと思ふ事叶ふ身と生れて、遂には仏となむ成る」と。五位、此れを聞て云く、「其の仏は、人を哀び給ひてば、我をも悪1)み給はじなむ」。講師の云く、「然也」と。五位の云く、「然らば、我れ、其の仏の名を呼び奉らむに、答へ給ひてむや」と。講師の云く、「其れを実の心を至て呼び奉らば、何どか答へ給はざらむ」と。五位の云く、「其の仏は、何なる人を吉とは宣ふぞ」と。講師の云く、「人の、他人よりは子を哀れと思ふ如くに、仏も誰をも悪2)しと思さねども、御弟子に成たるをば、今少し思ひ給ふ也」と。五位の云く、「何なるを弟子とは云ふぞ」と。講師の云く、「今日の講師の様に、頭を剃たる者は、皆仏の弟子也。男も女も御弟子なれども、尚、頭を剃れば増(まさ)る事也」と。

五位、此れを聞て、「然は、我が此の頭剃れ」と云ふ。講師、「哀れに貴き事に有れども、只今、俄に何でか其の御頭をば剃らむ。実に思す事ならば、家に返て、妻子・眷属などに云ひ合せて、万を拈(したため)れ剃り給べき」と。五位の云く、「汝ぢ、『仏の御弟子』と名乗て、『仏は虚言無き』と云て、『御弟子に成たる人をば、哀れと思す』と云て、何に忽に舌を返て、『後に剃れ』とは云ふぞ。糸当らぬ事也」と云て、刀をば抜て、自ら髻を根際より切つ。

此る悪人の、俄に此く髻を切つれば、「何なる事出来ぬらむ」とて、講師も周(あわて)て物も云はず、其の庭に居たる者共も喤(ののし)り合たり。亦、郎等共、此れを聞て、「我が君は何なる事の御するぞ」とて、太刀を抜き、箭を番て、走り入来たり。

主、此れを見て、大きに音を挙て、郎等共を静めて云く、「汝等は我が吉き身と成らむと為るを、何に思て妨げむとは為るぞ。今朝までは汝等が有る上にも、『尚人をもがな』と思ひつれども、此より3)後は、速に各行かむと思はむ方に行き、仕はれむと思はむ人に仕はれて、一人も我れには副ふべからず」と。郎等共の云く、「何に此る態をば、俄に成さしめ給へるぞ。直(ただし)き心にては、此る事有らじ。物の託(つ)き給ひにけるにこそ有けれ」と云て、皆臥し丸び泣く事限無し。

主、此れを止めて、髻を切て、仏に奉て、忽に湯を涌して、紐(ひも)を解て、押去(のけ)て、自ら頭を洗て、講師に向て、「此れ剃れ。剃らずば悪かりなむ」と云へば、「実に此く許思ひ取たらむ事を、剃らずば悪くも有なむ。亦、出家を妨げば、其の罪有なむ」と旁(かたがた)に恐れ思て、講師、高座より下て、頭を剃て、戒を授けつ。郎等共、涙を流して、悲む事限無し。

其の後、入道、着たりける水干袴に、布衣・袈裟など替つ。持たる弓・胡録などに、金鼓を替へて、衣・袈裟直く着て、金鼓を頸に懸て云く、「我れは此より西に向て、阿弥陀仏を呼び奉て、金を叩て、答へ給はむ所まで行かむとす。答へ給はざらむ限は、野山にまれ、海河にまれ、更に返るまじ。只、向たらむ方に行べき也」と云て、音を高く挙て、「阿弥陀仏よや、おい、おい」と叩て4)行くを、郎等、共に行かむと為れば、「己等は、我が道妨げむと為るにこそ有けれ」と云て、打たむと為れば、皆留りぬ。

此く西に向て、阿弥陀仏を呼び奉て、叩きつつ行くに、実に云つる様に、深き水とても、浅き所を求めず、高き峯とても、廻たる道を尋ずして、倒れ丸びて向たるままに行くに、日暮て、寺の有るに行き着ぬ。

其の寺に有る住持の僧に向て云く、「我れ、此く思ひを発して、西に向て行くに喬平(そばひら)を見ず。況や、後を見返らずして、此より西に高き峯を超て行かむとす。今七日有て、我が有らむ所を、必ず尋て来れ。草を結つつぞ、行かむと為る。其れを注(しるし)として来べし。若し、食ふべき物や有る。夢許得しめよ」と云ければ、干飯を取出て与へたれば、「多か」と云て、只少しを紙に裹て、腰に挟み、其の堂を出でて行ぬ。住持、「既に夜に入ぬ。今夜許は留まれ」と云て、留むと云へども、聞入れずして行ぬ。

其の後、住持、彼の教の如く、七日と云ふに尋て行くに、実に草を結びたる。其れを尋て、高き峯を超て見るに、亦た其よりも高く嶮き峯有り。其の峯に登て見れば、西に海、現に見ゆる所有り。其の所に、二胯(ふたまた)なる木有り。其の胯に、入道、登て居て、金を叩て、「阿弥陀仏よや、おい、おい」と呼び居たり。

住持を見て、喜て云く、「我れ、『尚此より西にも行て、海にも入なむ』と思ひしかども、此にて阿弥陀仏の答へ給へば、其れを呼び奉り居たる也」と。住持、此れを聞て、「奇異(あさま)し」と思ひて、「何に答へ給ぞ」と問へば、「然は、呼び奉らむ。聞(きけ)」など云て、「阿弥陀仏よや、おい、おい。何こに御ます」と叫べば、海の中に微妙の御音有て、「此に有り」と答へ給ひければ、入道、「此れを聞や」と云ふ。住持、此の御音を聞て、悲しく貴くて、臥し丸び泣く事限無し。入道も涙を流して云く、「汝ぢ、速に返るべし。今七日有て来て、我が有様を見畢よ」と。

「物や欲き」と思て、「干飯を取て持たり」と云へば、「更に物欲き事無くて、未だ有り」と。住持、見れば、実に有し如くにて、腰に挟みて有り。此くて、後の世の事を契り置て、住持は返ぬ。

其の後、七日有て、行て見れば、前の如く、木の胯に西に向て、此の度は死て居たり。見れば、口より微妙の鮮なる蓮華、一葉生たり。住持、此れを見て、泣き悲び貴びて、口に生たる蓮華をば折り取つ。「引もや隠さまし」と思ひけれども、「『此る人をば、只此くて置て、鳥獣にも噉はれむ』と思ひけむ」と思て、動かさずして、泣々く返にけり。其の後、何にか成にけむ、知らざりけり。

必ず往生したる人にこそ有めれ。住持も正く阿弥陀仏の御音を聞き奉り。口より生出たる蓮華を取てければ、定めて罪人には非ずと思ゆ。其の蓮華は何にか成にけむ。知らず。

此の事、糸昔の事には非ず。□□の比の事なるべし。世の末なれども、実の心を発せば、此く貴き事も有る也けりとなむ、語り伝へたるとや。

1) , 2)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
3)
底本「此よく」。誤植とみて訂正。
4)
底本頭注「叩テ一本叫テ作ル下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku19-14.txt · 最終更新: 2016/02/09 15:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa