Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第48話 依妙見助得被盗絹語 第四十八

底本、標題のみで本文を欠く。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。
なお、鈴鹿本の標題は、「依妙見菩薩助得被盗絹語」となっている。

今昔、紀伊の国の安諦の郡に私部寺と云ふ寺有り。其の寺の前に、一の富る家有けり。其の家に盗人入て、絹を十匹を盗み取つ。此れ、誰人の盗めると云ふ事を知らず。

而るに、其の家の主、本より妙見菩薩を深く憑て年来有けるに、此の絹盗まれたる事を、心を至して□□妙見に祈り申し請けるに、其の盗人、此の盗たる絹を持て、其の北に辺に有る市に持て行て売に、人有て、此れを買ふ間、盗まれて後、未だ七日に満たざるに、彼の市の庭に忽に猛き風出来て、其の絹を空に巻き上て、遥に南を指て、吹持行く。彼の絹の主の家の庭に吹き落しつ。

絹の主、此れを見て喜て、取て思はく、「此れ他に非ず。妙見菩薩の助けに依て、□□□□□□弥よ信を発して仕けり。彼の市にして買はむに、為□□□□□□□聞て、「此れ盗める絹也けり」と云□□□□□□□□□□□□□止にけり。

此れ、奇異の事也。心を至して、仏天にも仕れば、□□□□□□□る也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku17-48.txt · 最終更新: 2016/01/23 21:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa