Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第44話 僧依毘沙門助令産金得便語 第四十四

底本、標題のみで本文を欠く。底本付録「本文補遺」の鈴鹿本により補う。

今昔、比叡の山の□に僧有けり。止事無き学生にては有けれども、身貧き事限無し。墓々しき檀越なども持たざりければ、山には否(え)無くて、後には京に下て、雲林院と云ふ所になむ住ける。父母なども無かりければ、物云ひ懸る人なども無くて、便(た)より無かりけるままに、「其の事祈り申す」とて鞍馬にぞ、年来仕りける。

而る間、九月の中の十日の程に、鞍馬に参にけり。返けるに、出雲路の返にて、日暮にけり。幽なる小法師一人をなむ具したりける。月糸明ければ、僧、足早に怱て返りけるに、一条の北なる小路に懸る程に、年十六七歳許有る童の形ち美麗なるが、月々し気なるが、白き衣を四度解無気(しどけなげ)に中結たる、行き具したり。

僧、「道行く童にこそ有らめ。供に法師ども具せねば、怪し」と思ふ程に、童、近く歩び寄て、僧に云く、「御房は何こへ御すぞ」と。僧、「雲林院と申す所へ罷る也」と云へば、童、「我を具て御せ」と云へば、童1)、「誰とも知り奉らで、上の空には何かに。和君は、亦何に御ますぞ。師の許へ御ますか。又、母の許へ御ますか。『具して行け』と有るは、喜(うれ)しき事には侍れども、後の聞えなむ悪く侍りなむ」と云へば、童、「然思はむは理なれども、年来知て侍つる僧と中を違て、此の十日許、浮れ行き侍るを、祖(おや)にて有し人にも幼くて送れにしかば、『糸惜く為る人有らば、具し奉て、何ち也とも』と思ふ也」と云へば、僧、「糸喜しき事にこそ侍なれ。後の聞え侍りとも、法師が咎には有るまじかなり。然れども、法師が候ふ房には、賤(あや)しき小法師一人より外に人も候はず。糸徒然(つれづれ)にて侘しくこそは思さむずらめ」と云ひて語ひ行くに、童の極て厳(いつく)しかりければ、僧、心を移て、「然はれ、只将行なむ」と思て、具して雲林院の房に行ぬ。

火なむど燃(とも)して見れば、此の童、色白く、顔福らかにて愛敬付き、気高かき事限無し。僧、此れを見るに、極(いみじ)く喜しく思て、「定て此れ下臈の子などにては有らじ」と見ゆれば、僧、童に、「然ても、父は誰とか聞えし」など問ども、何かにも云はず。寝所など、常よりは取□□て臥せつ。僧は傍に臥して、物語などして寝たる程に、夜も明ぬれば、隣の房の僧共、此の童を見て、□□て讃め合たり。

僧は童を人にも見せずして、思て延にだに出ださずして、糸珍らしく、心の暇も無く思ふ程に、亦の日も暮ぬれば、僧、近付て、今は馴々しき様に翔(ふるまひ)けるに、僧、怪しき事□思けむ、僧、童に云ける様、「己は此の世に生れて後、母が懐より外に、女の秦(はだ)触る事無ければ、委くは知らねども、怪く例の児共の辺に寄たるに似ず、何にぞや心解くる様に思え給ふぞとよ。若し、女などにて御するか。然らば、有のままに宣へ。今は此く見始め奉て後は、片時離れ奉るべくも思えぬを、尚怪しく心得ず思ゆる事の侍つる也」と云へば、童、打ち咲て、「女に侍らば、得意にも□じとや」云へば、僧、「『女にて御せむを具し奉て有らむは、人も何にかは申すらむ』と思て、慎(つつ)ましくこそは。亦、三宝の思食さむ所も怖しくこそは」と云へば、童「三宝は其に心を発して犯し給ふ事ならばこそ有らめ。亦、人の見む所は、童を具し給へるとこそは知らめ。若し、女に侍りとも、童と語ひ給ふらむ様に翔て御かし」と云て、糸可咲気に思たり。

僧、此れを聞て、「女也けり」と思ふに、怖しく悔しき事限無し。然れども、此が身に染て思はしく、労たければ、出し遣る事をば為で、此く聞て後は、僧、外々□て、衣□隔てて寝けれども、僧、凡夫也ければ、遂に打解て、馴れ陸(むつび)たる有様に成にけり。

其の後は、僧、極き童と云へども、此く思はしく労たきも無し。「此れは然るべき事なめり」と思て過ける程に、隣の房の僧共などは、「微妙(いみじ)き若君を、然許貧しき程に、何にして儲たるにか有らむ」とぞ云ける。

而る程に、此の童は、心地例ならず成て、物なむど食はず。僧、糸怪しく思ふ程に、童の云く、「我れは懐妊しにけり。然□り給ひたれ」と。僧、此を聞て、踈(う)き顔して、「人には童と云てぞ、月来□有つるを、極めて侘しき事かな。然て、子産む時は何がせむと為る」と云へば、童、「只御せ。よも其(そこ)に知らせ奉らじ。然らむ時には、只音為で御せ」と云へば、僧、心苦く糸惜く思ひ乍ら過る程に、既に月満ぬれば、童、心細気に思て、哀れなる事共を云て、泣く事限無し。

僧も哀れに悲しく思ふ程に、童、腹痛く成たり。「子産べき心地す」と云へば、僧、侘て騒ける。童、「此な騒ぎ給ひそ。只、然るべき壺屋に畳を敷て給へ」と云へば、僧、童の云ふままに、壺屋に畳を敷たれば、童、其れに居て、暫許(とばかり)有るに、既に子を産つるなめり。衣を脱ぎ着(きせ)て、子を含み臥せたる様にして、母は何ちとも見えで失にけり。

僧、糸怪く怖思て、寄て、和(やは)ら衣を掻去て見れば、子は無くて、大きなる枕許なる石有り。僧、怖しく、気踈く思ゆれども、明りに成して見れば、其の石に黄なる光有り。吉々く見れば金也けり。

童は失にければ、其の後、僧、面影に立て、有つる有様、恋しく悲しく思えけれども、偏に、「鞍馬の毘沙門の、我れを助けむと謀り給たる也けり」と思て、其の後、其金を破つつ売て仕けるに、実に万づ豊に成にけり。然れば、本は黄金と云けるに、其より子金とは云にや有らむ。

此の事は、弟子の法師の語り伝へたる也けり。毘沙門天の霊験、掲焉(けちえん)なる事、此なむ有けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
僧の誤りか。
text/k_konjaku/k_konjaku17-44.txt · 最終更新: 2016/01/22 02:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa