Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第36話 文殊生行基見女人悪給語 第卅六

今昔、行基菩薩と申す聖在す。此れは五台山の文殊の、日記の衆生を利益せむが為に、此の国に行基と生れ給へる也。

而るに、右京の元興寺の村に、法会を行ふ人有て、行基菩薩を請じて、七日の間、法を説かしめけり。其の辺の道俗男女、皆来集て法を聞く。其の中に、一人の女人有り。年若くして、髪に猪の油を塗て、其の庭に、人の中に有て法を聞く。

行基菩薩、此の女人を見て宣はく、「我れ、甚だ臭し。彼の女の頭に血肉を塗れり。速に其の女を遠く追棄てよ」と。女、此れを聞て、大きに恥て、其の庭を出て去ぬ。此れを見聞く人、此の菩薩を、「只人には在さざりけり」と貴ぶ。

此れを思ふに、凡夫の肉眼には、油の色を見る事無し。聖人の明眼には、宍血を見る事顕は也。然ば、行基菩薩は此れ日本国の化身の聖の身を隠せる也けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku17-36.txt · 最終更新: 2016/01/17 15:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa