Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第32話 上総守時重書写法花蒙地蔵助語 第卅二

今昔、上総の守藤原の時重朝臣と云ふ人有けり。彼の国の司に任じて、国を治め民みを息めて、国に有る事、既に三箇年に及ぶに、年来の宿願有て、「国の内にして、法華経一万部を読奉らむ」と云ふ庁宣を下しつ。然れば、国の内の山・寺・里に、皆此の経を読み奉らざる人無し。

守の云く、「読て後は、各、巻数を送るべし。但し、籾一斗を以て、一部に宛つべし」と。然れば、当国・隣国の上下の僧共、此の事を聞て、各経を読て、巻数を捧て、星の如く館に集る事限無し。

而る間、一万部の巻数を既に満ずれば、守、大きに喜て、其の時の十月を以て、法会を儲て供養し奉りつ。其の夜、守の夢に一人の少僧有り。其の形ち端正也。手に錫杖を取て、喜べる気色にして来て、守に告て云く、「汝が修する所の清浄の善根をぞ、我れ、大きに喜ぶ」と云て、和歌を読て云く、

  一乗のみのりをあがむる人こそは三世の仏の師ともなるなれ

亦云く、

  極楽の道はしらずや身もさらぬ心ひとつがなほき也けり

亦云く、

  さきにたつ人のうへをばききみずやむなしきくものけむりとぞなる

と。小僧、此く宣て、歩び近付き、自ら左の手を延て、守の右の手を取て宣はく、「汝ぢ、弥よ無常を観じて、後世の勤めを成すべし」と。守、此れを聞て、泣々く貴て、小僧に申て云く、「今の教へ給ふ所、皆信ずべし」と。此の如く見る程に、夢覚ぬ。

其の後、未だ曙けざるに、智り有る僧を請じ集て、夢の告を語る。此れを聞く僧共、涙を流して、「此れ地蔵菩薩の教へ也」と貴む事限無し。

守、忽に仏師を呼て、不日に等身の地蔵菩薩の蔵を造り奉て、開眼供養し奉りつ。其の後は、守の一家、皆首を傾け掌を合て、日夜寤寐に地蔵菩薩を帰依し奉けり。

「此れを思ふに、人を利益せむが為には、地蔵菩薩も和歌を読み給ふ也けり」と、聞く人、皆貴けりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku17-32.txt · 最終更新: 2016/01/16 18:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa