Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第31話 説経僧祥蓮依地蔵助免苦語 第卅一

今昔、大和国吉野の郡に一人の僧住けり。名をば祥蓮と云ふ。説経を以て業として、世を渡けり。法を説て人を教化すと云へども、自の勤は緩(ゆるやか)也けり。

而るに、祥蓮、齢既に老に臨て、身に重き病を受て、日来経て死ぬ。其の後、両三年を過て、妻の尼の夢に、遥なる山を過ぎ行くに、更に日の光り無し。而る間、日暮れて夜に成ぬれば、尼、巌の下に留て、独り夜の曙む事を待つに、傍に人の泣き悲む音有り。尼、此れを聞くに、夫の故祥蓮が音にて有り。尼、此れを聞て悲むで・・・、「無慚破戒1)にして、多の人の信施を受て、償ふ所無かりき。其の罪に依て、此の孤地獄に堕たり。而るに、生し間だ、時々地蔵菩薩に帰依し奉りき。其の故に、日三時に地蔵来り給ひ、我が苦に代り給ふ。此の外かには、更に助ある事(こ)と無し」と云て、和歌を読て云く、

  人もなきみやまがくれにただひとりあはれわがみのいくよへぬらむ2)

と云ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、尼、忽に仏師を語て、三尺の地蔵菩薩の像一体を造り奉れり。法花経一部を書写して、川上の日蔵君の別所にして、供養し奉りつ。

其の夜、尼の夢に、故祥蓮、貴(あてび)たる姿麗しく、服鮮かにして来て、尼に告て云く、「汝が善根の力に依て、我れ罪を遁れて、只今法花経・地蔵菩薩の助を蒙て、浄土に参ぬ」と告ぐと見て、夢覚ぬ。其の後、尼、喜び貴て、弥よ地蔵菩薩を帰依し奉る事限無し。

此れを聞く人、亦、尼を讃め貴びけりとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「無慚ノ無字霊験記(地蔵菩薩霊験記)ニヨリテ補フ同書ニヨレバ此上脱文アラン」
2)
底本頭注「コノ歌諸本脱字アリ今霊験記(地蔵菩薩霊験記)ニヨリテ訂ス」
text/k_konjaku/k_konjaku17-31.txt · 最終更新: 2016/01/14 00:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa