Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第3話 地蔵菩薩変小僧形受箭語 第三

今昔、近江の国依智の郡賀野の村に、一の旧寺有り。其の寺に地蔵菩薩の像在ます。其の寺は検非違使左衛門の尉平の諸道が先祖の氏寺也。彼の諸道が父は、極めて武き者にてぞ有りける。然れば、常に合戦を以て業とす。

而る間、敵を責めて罸(うたん)が為めに、員の随兵を率して、既に戦かふ間、胡録の箭、皆射尽して、為べき方も無かりけるに、心の内に、「我が氏寺の三宝、地蔵菩薩、我を助け給へ」と念じ奉る程に、俄かに軍の庭に一人の小僧出来て、箭を拾ひ取て、諸道が父に与ふ。此れ、慮はざるの外の事也と云へども、其の箭を取て射戦ふ程に、見れば、其の箭拾ふ小僧の背に、箭射立てられぬ。其の後、小僧、忽に見えず成ぬ。「小僧、逃ぬるなめり」と思て、此の如く戦ふ間、諸道が父の本意の如く、敵を罸し1)得つれば、勝ぬる事を喜て、家に返ぬ。

此の箭を拾ふ小僧、尚、誰人の従者ぞ、亦何より来れる者と知らずして、東西を尋ねしむるに、更に知りたりと云ふ人無し。「我に箭を拾ひて得しめつる程に、背に箭を射立てられぬれば、若し死にやしぬらむ」と、哀れに糸惜しく思ふと云ふと云へども、尋ね得ずして止ぬ。

其の後、諸道が父の氏寺に詣でて、地蔵菩薩を見奉つるに、背に箭一筋、射立てられたり。諸道が父、此れを見て、「然れば、戦の庭にして、箭を拾ひて、我に得しめし小僧は、早う、此の地蔵菩薩の、我を助けむとて、変化し給ひける也けり」と思ふに、哀れに悲くて、泣々く礼拝し奉る事限無し。

其の辺の上中下の人、此の事を見聞て、泣き悲むで、貴奉らぬは無し。

実に此れを思ふに、極めて貴く悲き事也。地蔵菩薩、利生方便の為に悪き人の中に交はりて、念じ奉れる人の故に、毒の箭を身に受け給ふ事、既に此の如し。況や、後世の事、心を至して念じ奉らば、疑ひ無き事也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「罸シハ罸チノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku17-3.txt · 最終更新: 2015/12/26 22:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa