Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第25話 養造地蔵仏師得活人語 第廿五

今昔、因幡の国高草の郡野坂の郷に一の寺有り。名をば国隆寺と云ふ。彼の国の前の介□□千包1)と云ふ人の建立の寺也。此の別当なる僧有て、仏師を呼て、宿願有るに依て、地蔵菩薩の像を造らしむ。

而る間、此の別当の僧の妻、他の男に奪ひ取られて失ぬ。然れば、別当の僧、心を迷はし、肝を失ひて、東西南北を尋ね求め騒ぐ間に、此の地蔵菩薩を造奉てまつる事をも知らずして忘れぬ。然れば、仏師、共に其の所に来ると云へども、檀越の俸(おき)て無きに依て、物食(くふ)こと無くして、既に餓ぬ。

而るに、専当の法師有り。仏師共の物食はぬを見て、善心有て、食物を膳(そなへ)て、仏師共を養て、日来を経る程に、木造は既に成て、未だ綵色し奉らざる間に、此の専当の法師、俄に身に病を受て死ぬ。妻子、泣き悲むと云へども甲斐無くして、棺に入れて、傍らに置て、棄てずして、朝暮に見る間、六日と云ふ未時許に、俄に此の棺の動く。妻、恐れ乍ら、怪て、寄て開て見れば、死人、既に活(いきかへり)たり。喜て、水を以て口に入る。

漸く程を経て、死人、起居て、妻子に語て云はく、「我れ、死し時、忽に猛く恐しき大鬼二人来て、我を捕へて、広野に将出でて追ひ持行く間、一人の小僧出来れり。形ち端厳也。此の我を捕へたる鬼共に宣はく、『汝ぢ、鬼共、此の法師を免せ。我れは此れ地蔵菩薩也』と。二人の鬼、此れを聞て、地に跪て、法師を免し畢ぬ。其の時に、小僧、法師に語て宣く、『汝ぢ、我れを知らずや。彼の因幡の国の国隆寺に、我が像を造りし間、檀越事有るに依て、我が像を造る事を忘れたり。而るに、汝、其の仏師共を養て、我が像を造らしめたり。汝ぢ、必ず綵色して供養すべし。彼の檀越は、更に造り遂る事有らじ。努々、汝、此れを遂ぐべし』と宣て、道を教へて返し遣はすと思ふ程に、活れり」と語る。妻子、此れを聞て、涙を流して、悲び貴ぶ事限無し。

其の後、小財を投て、其の地蔵菩薩を綵色し奉て、供養し奉けり。其の地蔵菩薩、彼の国隆寺に安置して、于今在すと。

此れを思ふに、地蔵菩薩の誓ひ他に勝れ給へり。心有らむ人は、専に念じ奉るべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「千包霊験記(地蔵菩薩霊験記)介親ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku17-25.txt · 最終更新: 2016/01/11 19:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa