Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第24話 聊敬地蔵菩薩得活人語 第廿四

今昔、源の満仲1)の朝臣と云ふ人有けり。心猛くして武芸の道に堪たり。然れば、其の道に付、公私に用ゐられたる事、並び無し。

而るに、其の人の許に、一人の郎等の男有けり。亦、心猛くして2)殺生を以て業とす。更に聊にも善根を造る事無し。

而る間、広き野に出でて鹿を狩る時に、一の鹿、出来たり。此れを射むと為るに、鹿、走り逃ぐ。此の郎等、鹿逃るに随て、馬を馳せて追ふ程に、一の寺の有ける前を馳せ渡ける時に、眸に寺の内見遣たるに、地蔵菩薩立ち給へり。此れを見て、聊に敬ふ心を発して、左の手を以て笠を脱て、馳せ過ぬ。

其の後、幾の程も経ずして、此の郎等の身に病を受て、日来悩み煩て、遂に死ぬ。忽に冥途に行て、閻魔王の御前に至ぬ。郎等、其の庭を見廻せば、多の罪人有り。罪の軽重を定めて、罸(つみ)を行ふ。郎等、此れを見るに、目暗れ心迷て、悲き事限無し。

而るに、此の男の思はく、「我れ、一生の間、罪業をのみ造て、善根をば修せざりき。然れば、罪敢て遁るべき方無からむ。悲しき態かな」と思ひ歎き居たる程に、忽に小僧出来れり。其の形端厳也。此の男に語て云く、「我れ、汝を助けむと思ふ。速に本国に返りて、年来造る所の罪を懺悔せよ」と。男、此れを聞て、喜て、小僧に申て云く、「此れ、誰人の我れを助給はむと為ぞ」と。小僧、答て宣はく、「我れをば知らずや。我れは、汝が鹿を追て馬を馳て、寺の前へを渡りし時に、寺の内に急と見し所の地蔵菩薩也。汝ぢ、年来造る所の罪み、甚だ重しと云へども、須臾の間、聊に我れを敬ふ心有て、笠を脱たりしに依て、我れ、汝を助けむ」と宣て、返遣すと思ふ程に活(いきかへり)ぬ。

其の後、男、傍なる妻子に語て、泣き悲しむ事限無し。其より、此の男、忽に道心を発して、長く殺生を断て、偏に地蔵菩薩を日夜に念じ奉て、怠る事無し。

此れを思ふに、地蔵菩薩、白地(あからさま)に敬ひの心を発せば、人を棄て給はざる事、既に此の如し。何に況や、心を発して、年来念じ奉り、亦、形像を造り尽3)たらむ人をば、救ひ助け給はむ事、疑ふべきに非ず。然れば、地蔵菩薩の誓願、他に勝れ給て、憑もしくなむ思ゆる。

人、此れを聞て、教に地蔵菩薩に仕ふべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
多田満仲
2)
底本「猛てくし」。誤植とみて訂正。
3)
底本頭注「尽(盡)ハ画(畫)ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku17-24.txt · 最終更新: 2016/01/11 15:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa