Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第2話 紀用方仕地蔵菩薩蒙利益語 第二

今昔、尾張の前の□□と云ふ人有けり。公に仕て年来有けるに、後、出家して、入道と云てぞ有ける。其の家に一人の心武き者有けり。名をば武蔵の介紀の用方と云ふ。此の用方、本性武勇にして、邪見熾盛なる事限無し。敢て善心無かりけり。

而る間、俄に用方、何なる事か有けむ。堅固に道心を発して、殊に地蔵菩薩を帰依し奉けり。月毎の廿四日には、酒肉を断ち、女犯を留めて、専らに地蔵菩薩を念じ奉る。亦、日夜に阿弥陀仏の念仏を唱ふ。亦、常に持斎す。

但し、此の用方、本性瞋恚盛にして、自然物云ふ間にも、事に触て嗔を成す事、火の燃るが如し。然れば、此れを見る人、常の事として謗り咲ふ。然りと云へども、瞋恚を発し乍らも、地蔵菩薩を念じ、念仏を唱ふる事、怠らず。

而る間、世に阿弥陀の聖と云ふ者有けり。日夜に行(ある)き、世の人に念仏を勧むる者也。而るに、其の聖の夢に、金色の地蔵菩薩に値奉れり。即ち、其の地蔵、自ら阿弥陀の聖に示して宣はく、「汝ぢ、明の日、其の小路を行むに、□人を以て、必ず我れ地蔵と知るべし」と。

聖、夢覚て後ち、心の内に地蔵菩薩の化身に値奉らむ事を喜て、明る日の暁に、念仏を勧めむが為に其の小路を行くに、一人の俗人出来れり。聖、此れを見て、俗に問て云く、「汝ぢをば誰人とか云ふ」と。俗、答へて云く、「我れは、此れ紀の用方也」と。聖り、此れを聞て、用方を度々礼拝して、涙を流して悲び貴て云く、「我れ、宿善厚くして、地蔵菩薩に値奉れり。願はくは、必ず我れを導き給へ」と。用方、此れを聞て、驚き怪むで云く、「我れは此れ極悪邪見の人也。聖、何の故有てか、泣き悲て、我れを礼拝する」と。

聖、泣々く云く、「我れ、昨日の夜の夢に、金色の地蔵に値奉れり。其の地蔵、我れに告て云く、『明日の暁に此の小路に値はむ人をば、必ず我れ地蔵と知るべし』と。我れ、其の事を洋(ふか)く信ずるに、今ま、君みに値ひ給ふ。定めて知ぬ、此れ地蔵菩薩の化し給ふ所也」と。用方、此れを聞て、心の内に思はく、「我れ地蔵菩薩を念じ奉て、既に年来に成ぬ。若し、其の故に地蔵菩薩の示し給ふ所か」と思て、聖と別れ去ぬ。

其の後、用方、弥よ心を発して、地蔵菩薩を念じ奉る事限無し。而るに、用方、年漸く傾て、遂に出家入道しつ。十余年を経て後、身に病有りと云へども、苦しむ所無く、心違はずして、西に向て、弥陀の念仏を唱へ、地蔵の名号を念じて絶入にけり。

此れを見聞く、此の下の道俗男女、涙を流して悲び貴びてけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku17-2.txt · 最終更新: 2015/12/26 22:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa