Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻17第12話 改綵色地蔵人得夢告語 第十二

今昔、人有て、阿弥陀仏を造り奉ける次(ついで)に、古き地蔵菩薩を改め綵色して、正法寺と云ふ寺に安置し奉てけり。地蔵、本は三井寺の塔の内に在ける也。御手并に蓮花座無し。

而るに、実睿供奉と云ふ人の、此の地蔵を見付奉て、修補し奉たる也けり。其の時に、夢に、年十四五歳許の小僧の端正なる来て、膝の上に居て、頸を抱て語て云く、「汝ぢ、我れをば知たりや否や。我れは此れ三井寺の前の上座の僧の妻の尼の造れりし地蔵也」と。見れば、小僧の後に人副て有り。此れを見て、問て云く、「其の御後に人副て有り。此れ誰人ぞ」と。小僧、答て宣はく、「此れは、昔、我れを造れりし仏師也。而るを、我が景に下に住ましめて、利益する也」と。亦、丑寅の方を見遣れば、廿余体の地蔵在ます。皆、南に向て坐し給へたりと見て、夢覚ぬ。其の後、涙流して貴び奉る事限無し。

此れを思ふに、「心を至して造らしめ奉らむ人は、尤も然るべし。仏師の、心も発さずして、料物を取て造れるをも、利益し給ふ也けり」と知て、貴びけりとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku17-12.txt · 最終更新: 2015/12/31 15:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa